goo

オバマがあなたに知って欲しくない『イスラム国」の真実

オバマがあなたに知って欲しくない『イスラム国」の真実

 
 ウクライナ上空でのマレーシア機墜落事件以外で、
アメリカが第3次世界大戦を起こすために用意しているものとして、
イスラム国がある。
 これもほぼ正体がばれてしまっている。

私のツイートリスト

 以下はこの前の
との情報の大元にもなっていた、
Glbal Resarch から引用した。
(例によって自動翻訳)
 
 
実は他にも日本語で説明してあるブログも数多い。
とりわけ、この
「西側メディアが恐怖の象徴として描くIS(イスラム国)をイスラエルは語らず、
 そのイスラエルをISが語らない事情」
は、このあたりの真実を伝え続けている。
 
※この櫻井ジャーナルは的確に海外事情をブログでレポートしてくれている秀逸のブログ!
 

動画ではこんなのも

『イスラム国攻撃の真相①』

馬渕睦夫 AJER2014.9.26

 
<iframe src="http://www.youtube.com/embed/0g0PTaW-7W8?rel=0" frameborder="0" width="420" height="315"></iframe>
 
 

 

どひゃー!イスラム国はチームアメリカ:

マケイン上院議員の軍隊!イスラム国のPR広告にリーダ2人と写真:

マケインも感動した、と!


日本語の関連記事も

 

 

e0069900_00181896.jpg
e0069900_00185687.jpg

 

-------------------
 
オバマがあなたに知って欲しくない

イスラム国(ISIL)に関する26項目
 
米国はイスラム国に対する戦争を大きな嘘で導いた。
「アメリカの国土を守る」と言う大義名分を元に、
まるで「イスラムのテロリスト」の後を追うように
世界中で先制攻撃の戦争を行っており、
その大義名分は軍事目的を正当化するために使われています。

イラクのイスラム国家とレバント(ISIL)は、米国の諜報部隊が作成したものです。

イラクとシリアのワシントンの「テロ対策の目的は「テロリストを支援することにあります。

2014年6月に開始し、イラクへのイスラム国家の侵入は、(IS)旅団は、米国、NATOとイスラエルによって密かにサポートされており、慎重に計画された軍事諜報操作の一部だった。

テロ対策任務はフィクションである。

アメリカはナンバーワンの"テロ支援国家"である

イスラム国は、米国とその同盟国によって保護されています。彼らはイスラム国家旅団を排除するために望んでいた場合には、tは彼らが6月にイラクにシリアから砂漠を渡ったとき、ちょっと"カーペット"はトヨタのピックアップトラックの彼らの車列を爆撃している可能性があります。

\

Syro-アラビア砂漠はオープン領土(下記のマッピングを参照)である。 芸術ジェット戦闘機(F15、F22ラプター、CF-18)の状態で、それは-from軍が迅速かつ好都合standpoint-されていた 外科手術を

本稿では、26のコンセプトに取り組む大きな嘘を論破。トン、人道事業としてメディアによって描かシリアとイラクに対して向けられた彼の大規模な軍事作戦は無数の民間人の死亡をもたらした。

それは、テロ対策操作としてオバマ氏のイニシアチブを支持している欧米のメディアの断固たる支持なしに行われてきませんでした。

アルカイダの歴史的起源

1.米は、ほぼ半世紀のためのアルカイダとその関連組織を支えてきたソ連のアフガン戦争の全盛期以来。

2。CIAの訓練キャンプは、パキスタンで設定した。 1982年から1992年10年間では、43イスラム諸国からのいくつかの35000ジハード主義者が募集されたアフガニスタンのジハードで戦うためにCIAが。

「CIAの資金から支払わ広告は、ジハードに参加する誘因や動機を提供し、世界中の新聞やニュースレターに入れた。」

3。レーガン政権以来、ワシントンはイスラムテロ·ネットワークをサポートしてきました。

ロナルドレーガンは「自由の戦士 "テロリストと呼ばれる。米国はイスラム旅団に武器を供給した。アフガニスタンにおける世俗政府の終焉につながる、ソ連との戦いと政権交代:それは「正当な理由」のためのすべてだった。

ロナルドレーガンは、1985年にホワイトハウスでアフガニスタンのムジャヒディン司令官を満たしている(レーガンアーカイブ

4。ジハード教科書はネブラスカ大学によって発表された。"。"米国はアフガン学童を供給するために数百万ドルを費やした「暴力的なイメージと過激イスラムの教えで満たさ教科書で

5.オサマ·ビン·ラディン、アメリカのbogymanとアルカイダの創設者は 1979年にCIAにリクルートされたアフガニスタンに対する米国主催のジハード主義戦争の非常に冒頭で。彼は22歳だったとCIA主催のゲリラ訓練キャンプで訓練を受けた。

アルカイダは、9月11日の攻撃の背後にはなかった。 2001年9月11日、アフガニスタンではアルカイダの支援的テロの状態のスポンサーだったことを理由に、アフガニスタンに対する戦争をするための正当化を提供しました。9/11の攻撃は「対テロ世界戦争」の策定に尽力した。

イスラム国家(ISIL)

6.イスラム国(ISIL)はもともと、米国の諜報によって作成されたアルカイダ関連事業体だった 英国のMI6、イスラエルのモサド、パキスタンの軍統合情報局(ISI)とサウジアラビアの一般的なインテリジェンス大統領(GIP)、Ri'āsatの支援を受けてアル·Istikhbārātアル·'Āmah(رئاسةالاستخباراتالعامة)。

レポート:オバマ氏の反ISIS連合に参加する可能性は低い中国

7. ISIL旅団は、US-NATOに関与したアサドアサドの政府に対して向けシリア反乱を支持した。

NATOとトルコの最高司令部はISILとAl Nusrah傭兵の募集を担当したイスラエルの諜報筋によると2011年3月にシリアの反乱の当初から、このイニシアチブは、ことにあっ:

シリアの反政府勢力と一緒に戦うために中東諸国とイスラム世界でイスラム教徒のボランティアの数千人を参加させるために」キャンペーン。トルコ軍は彼らを訓練し、シリアへのそれらの通路を確保し、これらのボランティアを収容する。(DEBKAfile、NATOは、8月14日、2011年の反政府勢力対戦車兵器を与えること)

9。西洋の特殊部隊と西洋の諜報工作員は、ISILのランク内でもあります。英国の特殊部隊とMI6がシリアでジハード主義反乱軍の訓練に携わってきました。

10。ペンタゴンとの契約上の西洋の軍事専門家は、化学兵器の使用にテロリストを訓練してきた。

「米国と一部の欧州の同盟国は、シリアで化学兵器の備蓄を確保する方法についてはシリアの反政府勢力を訓練するために防衛請負業者を使用している、米政府高官と、いくつかの上級外交官は日曜日CNNに語った。( CNNレポート、 2012年12月9日)

1 1。斬首のISILの実践は、米国主催のテロリスト訓練プログラムの一部であり、サウジアラビアとカタールで実装。

12.アメリカの同盟国によって募集、 ISIL傭兵多数の有罪判決を受けている犯罪者にリリースサウジ刑務所からは、条件に彼らはISILに参加サウジ死刑囚は恐怖旅団に参加する募集された。

13。 イスラエルはゴラン高原からISILとAl Nusrah旅団を支援してきました。

ジハード主義の戦闘機はイスラエルのIDF役員だけでなく、ネタニヤフ首相に会ってきた。IDFトップ真鍮は暗黙のうちに認めていることを「シリア内部グローバルジハード要素」 [ISILとAl Nusrah]はイスラエルによってサポートされています。参照してください 下の画像を:

「イスラエルのネタニヤフ首相と国防相モーシェ·ヤアロン 負傷した傭兵の隣に、シリア、2014年2月18日に占領ゴラン高原「国境でイスラエル軍野戦病院」

インライン画像1

シリアとイラク

14 ISILは、西洋の軍事同盟の歩兵である。彼らの暗黙の任務は、彼らの米国のスポンサーのために行動、シリアとイラクで大混乱と破壊を破壊することです。

15.米国上院議員ジョン·マケインは、ジハード主義テロリストの指導者と会っているシリア。(右の写真参照)

16イスラム国家は米国によってひそか支持され続け、現在は「テロ対策」の使命の下に、US-NATOの爆撃作戦の疑惑ターゲットである民兵、(IS)。 ワシントンとその同盟国が軍事援助を提供し続けるイスラム国家。

17。米国と同盟爆撃はISILをターゲットにしていない、彼らは工場や石油精製など、イラクとシリアの経済インフラを爆撃している、。

18 ザ·カリフプロジェクトが長年の米国の外交政策課題の一部であるスンニ派イスラム教徒カリフ、アラブシーア共和国、クルディスタンの共和国:別々の地域にイラクとシリアを彫る。

対テロ世界戦争(GWOT)

19. "は対テロ世界戦争」(GWOT)は、戦略的かつ経済的目標によって導かれ、現実にはそれは征服のあからさまな戦争である「文明の衝突」、競合する価値観や宗教間の戦争、として提示されます。

20米国は(密かに西洋知能でサポートされている)アルカイダのテロ旅団を後援はマリ、ニジェール、ナイジェリア、中央アフリカ共和国、ソマリア、イエメンで展開されている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリアのイス... アレッポでの... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。