goo

トランプ:「私はイスラエルを非難したくない」違法入植地の上

2017年2月11日- 6時15分

共有/保存/ブックマーク
トランプ:
 
 
イスラム教タイムズ - 米大統領ドナルド・トランプは、占領パレスチナの土地上の違法入植地のイスラエルの建設は良いことではありませんが、言う「私はイスラエルを非難する必要はありません。」
 
トランプは日後に控え、ホワイトハウスでイスラエルのネタニヤフ首相との会談の、金曜日に公開されたイスラエルの新聞とのインタビューでの発言をしました。

 
「いいえ、私はイスラエルを非難したくない、 "トランプは、イスラエル・ハヨムに語りました。「イスラエルは非難し、難易度の長い歴史を持っていました。そして、私はイスラエルを非難したくありません。私は非常によくイスラエルを理解し、私は多くのことを、イスラエルを尊重し、彼らは多くをしてきた。」

 
「彼ら(集落)は、プロセスを助けていない。私はそれを言うことができる"と、彼は毎日プロネタニヤフに語っ た。"あり左そんなに土地です。そして、あなたは入植地のための土地を取るたびに、左の少ない土地がある。しかし、我々はそれを見ている、と我々は我々が 表示されますいくつかの他のオプションを見ている。しかし、いや、私は信じている誰かいないですこれらの和解を進めて行くことの平和のために良いことで す。」

 
トランプ政権が新たな入植地を建設したり、既存のものを拡大するイスラエル・パレスチナ紛争を解決するための努力を「有用でないかもしれない」と警告し、イスラエルとの厳しい行を打っている間です。

 
「私たちが集落の存在が平和への障害となっていると信じていませんが、新たな入植地の建設またはその現在の国境を越えて、既存の入植地の拡大は有用でないかもしれない、「ホワイトハウスのスポークスマンショーン・スパイサーは2月2日に声明で述べています。

 
文は、国際法の下では違法とみなされる占有パレスチナにイスラエルの決済構造のトランプのフルノドディフェンスラインからの出発でした。

 
オフィスを取る前に、トランプは、イスラエルの入植地を非難、国連安全保障理事会の決議をvetoingないために元大統領バラク・オバマの政権を非難しました。

 
大統領としてトランプの最初の外国の呼び出しは2月15日にホワイトハウスを訪問することが期待されるネタニヤフにあった

 
万人のイスラエル人を含む西岸のパレスチナ自治区の1967イスラエルの占領以来、構築された230以上の違法入植地に住んで半分以上東エルサレムアルクドス。

 
占有パレスチナのイスラエル入植地の継続的な拡大は、中東の平和を確立するための努力に大きな障害を作成しました。

 
パレスチナ自治政府は、その首都として東エルサレムアルクドスと、将来の独立したパレスチナ国家の一部として西岸を望んでいます。

 
"まあ、私はイスラエルが和平に関して合理的になりたい。私は平和が起こるのを見たい。それが起こるはず、"トランプはイスラエル紙に語りました。

 
「これらすべての年後。...多分ちょうどイスラエルとパレスチナよりも大きな平和のためであっても可能性があります。私は、両当事者の合理性のレベルを見てみたい、と私は、我々はそれを行うのは良いチャンスがあると思う」と彼は付け加えました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  サウジは敵と... ロシア・米国... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。