goo

カラシニコフの電動バイク『IZH』、モスクワ市警で白バイとして導入予定

カラシニコフの電動バイク『IZH』、モスクワ市警で白バイとして導入予定

「カラシニコフ」と聞くと自動小銃を連想するかもしれないが、来年にはこの名を冠した電動バイクを多く目にすることになるかもしれない。2018年開催のFIFAワールドカップ・ロシア大会にあわせ、モスクワ市警はカラシニコフ・ブランドの電動バイク『IZH』50台の納品を受ける予定なのだ。

カラシニコフ突撃銃(AK-47)も生産していた兵器工場をルーツに持つ、通称「イズマッシュ」のオートバイ。その電動仕様として、15kWの最大パワーと1回のフル充電で150kmの航続距離を持つのがこのモデルだ。

すでにモスクワ・レースウェイでの展示などを通じ、一般にその存在が知られていたカラシニコフの電動バイクではあるが、いよいよ市警による運用が始まることで、モスクワ都市部の環境問題に一石を投じることが期待されているという。

ワールドカップの閉幕後は、全ロシア博覧センター(VDNKh)やツァリツィノ公園、ポクロンナヤの丘といったモスクワの公園・公共施設ならびにマラソン大会やパレードなどの大規模イベントでも活躍する予定。またロシアの広大な国土には多くの自然保護区が存在するため、そうしたエリアを管理するための用途にも、環境負荷のない乗り物が活用できることだろう。

関連サイト

Electric motorcycle IZH
Electric motorcycles “Izh” were shown at the Moscow Raceway(Kalashnikov Media)

カラシニコフ自伝 世界一有名な銃を創った男 (朝日新書 106)

カラシニコフ自伝 世界一有名な銃を創った男 (朝日新書 106)

  • 著者エレナ・ジョリー
  • 出版日2008/04/11
  • 商品ランキング186,147位
  • 新書249ページ
  • ISBN-104022732067
  • ISBN-139784022732064
  • 出版社朝日新聞出版
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 新しい "カラ... シリア軍は、... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。