goo

シリアのファーストレディは、国を残すオファーを断ったと言います

シリアのファーストレディーは彼女は人々が彼女の夫、大統領Bashrアル・アサドに信頼を失うことを望んでいないことを強調し、戦争被災国を残すために、複数のオファーを断ったという。

アスマ・アル・アサドは火曜日に放映されたモスクワベースのロシア-24のニュースチャンネルとのインタビューでの発言をしました。これは、シリアの危機の始まり以来、国際的なメディアで彼女の最初のインタビューでした。

「私は全然どこにもあることを考えたことはありません。...はい、私はシリアを残す機会を提供された、またはむしろシリアから実行するために、「アサドは、これらのオファーは私の子供たちの安全と保護の保証を含め」、付け加えました、さらには金融のセキュリティを提供します。」

41歳のイギリス生まれも提案が彼女の幸福または彼女の子供たちではなかったが、むしろことに留意し、「彼らの大統領の人々の信頼を粉砕するための意図的な試み。 "

アサドは、さらに「愚か」の提供を作った人たちはシリア人ではなかったことを指摘しました。

マザー・オブ・3元投資銀行家は、権利活動家としての自分自身をスタイルのしています。

2016年10月18日21時47 UTC
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア軍はア... イランは法務... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。