goo

シリア政府はホムスで銃撃戦を増やすためにアムネスティを援助する

2017年7月16日6:29
 
シリア政府はホムスで銃撃戦を増やすためにアムネスティを援助する
 
テヘラン(FNA) - 政府関係者に武器を引き渡し、北部ホムスでシリア軍との和平を認めた150人以上の武装勢力が政府から赦免された。

ダマスカス政府は、前に北部のホムスと他のいくつかのホムス市の関係者に武器を渡していた153人の武装勢力に対し、恩赦を与え、赦免を申請した。

ロシア国防省は、2000年の町、村、地域の過激派がシリア陸軍との戦闘を終え、全国和解計画に参加したという最新の報告書を土曜日に発表した。

ロシア国防総省のシリア和解センターは、土曜日の日報で、シリアの停戦に加わった和解件数が2,015件に増加したと発表した。

「24時間以内に、Idlib州のBaraghita、al-Wasita、Rajal、Tal al-Agarの代表と4つの停戦協定が締結されており、首脳が和解契約を締結した居住地域の総数は2,015であり、 "掲示板が読んだ。

声明によると、シリアでの敵対行為の停止に加わった武装集団の数は変わらず、65歳のままだった。

声明は、アレッポ、イドリブ、ダマスカス、ハマム、ホムス、クネリトラ州で、政府関係者と過激派の代表者の和平交渉が進んでいると発表した。    

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« パルミラでそ... シリア軍の攻... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。