goo

シリア軍はISIS南西デリゾールに対して反撃します

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

デリゾール、シリア(22:30) - シリア・アラブ軍(SAA)は守勢に最後の2週間過ごした後、土曜日に戻ってデリゾールの南西部の田園地帯でのイラクとアル・シャムのイスラム国に対して打ちました。

17区課のシリア・アラブ陸軍の第137旅団は、第137旅団の本部の南部郊外で、後者の立場を打つ、土曜日にイスラム国に対する攻撃を主導しました

また、第137旅団のHQの南部郊外でのテログループの戦闘員のいくつかを殺しながら、ダマスカスのAl-マスダールの特派によると、シリア軍は、イスラム国家に属し3装甲車両を破壊しました。

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

シリア軍は、同様にイスラム国家の防御に大きなダメージを与え、第137旅団のHQ周辺の多くをクリアするために管理しました。

一方、デリゾール軍事空港の外に、共和国防衛隊と第三機甲師団の第71連隊のシリア・アラブ陸軍の第104空挺旅団は、その数週間で初めてのマーキング、JafraとMuri'iyahの村でいくつかの農場を奪還しました彼らはこの分野での存在感を再確立しています。

読み取りも  シリア軍は北東アレッポでの戦略的なエリアをキャプチャ
前の記事ВИДЕО:ОгромныйтоннельджихадистовобнаруженврайонеЦитаделиАлеппо
リースファデル
編集長 近東総務経済学の専門店。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 中国を選んだ... Houthi軍は、... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。