goo

「新自由主義奨学金」と「資本主義大学を "抗議

Client_Logo_UniversityOfManitoba

マニトバ大学がストライキにあります。11月1日以来、1,200人以上の教員が教育、ワークロード保護の必要性のための資金不足に抗議し、インストラクターや図書館員のためのいくつかの仕事のセキュリティ問題に対処することに加えて、より公平テニュア・推進手続きのために保護するためにピケットラインにかかりました。著者  資本主義大学はヘンリー・ヘラーはマニトバ大学の歴史学教授で、彼はストライキをここに書き込み、ストライキは彼の本のテーマに共鳴しますか。

*        *       *

著者は、多くの場合、それらの本の結末を全うするために得ることはありません。しかし、それは私がブログのように私に何が起こっているかです。20日月冥王星は、公開された  米国、1945年から2016年の高等教育の変換:資本主義大学を新自由主義大学の開発と教員と学生や他の労働者の一部にそれに成長している抵抗との最後の章を扱っています。二週間は過ぎていると私は新自由主義大学に対する教員のストライキにマニトバ大学のピケットライン上で自分自身を見つけます。私たちは大学の門で徹夜を立つように日が急速に短縮し、寒くなってきています。オーバーヘッドガチョウは迅速であり、興奮して南へ逃げます。しかし、11月1日以降、毎朝、私は、私たちの大学の教授と司書の仕事を完全にコントロールを課す大学の試みを挑む朝のシフトに自分自身を見つけます。私たちは、内側と新自由主義資本主義の被害に対する世界中の大学の外の両方の開発階級闘争の上げ潮の重要な部分です。

資本主義大学

大学の全盛期は冷戦の高さで1945から80の間で来て、大学のために軍事を含む政府の大規模な支援によって示されました。公共サービスに向け、両方の実用的なだけでなく、理論的な側面を持っていた知識を作成するために努力したとして、大学はその使命を定義しました。人文社会科学では、いくつかの学者があってもアイデアや社会の分析で利害真実を求め、重要な知識を追求しました。公民権の上前例のない学生の抗議行動は、大学生活の上に米国のベトナム戦争と官僚支配が広く社会に波及し、資本主義秩序に挑戦するに至ったときに、この時代のクライマックスは、1960年代に来ました。

アカデミック・キャピタリズム

しかし、1980年代から以降、いわゆる学術資本主義が成立すると、より多くのだけでなく、大学が民間企業にサービスを提供するとして、その使命を再定義し、それ自体は可能な限りの動作と目的の彼らのモードで利益志向のようになってきました。この学術的資本主義の新しい教員の光では、行政やビジネスネットワークは、多かれ少なかれ、すぐに知的財産として商品化することができる知識の新しいフォームを作成、認知資本主義を促進しようとしました。

これらの変更は、人文・社会科学の衰退によってマーク新自由主義大学、公的資金の削減、ガバナンスにおける教員と学生の役割の衰弱、授業料の増加、成長している学生の負債との数の減少の出現の中心であります専任教員や非常勤教授の使用を増加させます。これらの変化は劇的な数の増加や管理者の給与、総合的品質管理に基づいて、大統領や知事会の手で管理の集中化、天分と没頭、成長している学生の負債の捕食資金調達、研究パーク、不動産を伴ってきましたお得な情報やグローバル化、大学のランキングシステム。

大企業の影響はすでに偉大な圧倒的になりました。これらの変更オフキャッピング営利フェニックス大学などの大学や専任教員と固定資本投資の必要性の減少を前兆主にビジネス担保大規模なオンラインオープンコース(MOOCs)の成長の成長です。もたらすことができるほとんどの人にとって憂鬱な見通し - 大学の運営に君臨するを続けて新自由主義経済学の論理からたどるこれらの開発は最終的に近代的な大学の絶滅と高等教育の市場主導型の金融機関の新しい種類によってその交換を示唆しています唯一のシカゴ大学の経済学教授の唇に笑み。

しかし、中に  資本主義大学  私は資本主義のためによくauguringから遠く知識の民営化に向けて、これらの傾向は、その機能を阻害し、問題とその正当性を入れて、それが一度助けたそれらの慣行や制度に寄生し、弱体化することを目的とした資本主義の危機の深さを反映することを示しています経済的かつイデオロギー的にそれを維持します。

過去の記憶喪失

保守的な傾向は、ポストモダニズムの出現、文化的なターンと新自由主義経済にリンクされ、マルクス主義と非政治化の広範囲の放棄に続いて1980年にレーガンの選挙で始まる、キャンパスに浮上しました。すべての3つの知的電流は、1950年代に人文・社会科学の歴史的健忘症を彷彿とさせるような方法で履歴から離れて回すことによって多かれ少なかれマークしました。同時に、すべての3つは、国際的な影響へのアメリカの学術生活のさらなる開口部を見ました。新自由主義経済学の科学主義とreificationsによって補強これらの数十年は、新自由主義の機関に大学の学術的および認知資本主義と再編のステップバイステップの攻勢を見ました。一見単独で、マルクス主義文芸評論家や哲学者  フレドリック・ジェイムソンが  、この暗期の通訳としてアメリカの奨学金の上にそびえ。

2008年の金融・経済危機の発生は広範囲のマルクス主義への関心の復活、キャンパスの組合闘争の成長と占領のような政治運動の復活、ブラック生活マター、ボイコット、ディスインベストメント及び制裁(BDS)、バーニーとなっ学生が主役を演じたサンダースの一次選挙戦。1960年代のように、大学はアメリカ社会の変革に向けたキャンペーンにspringboardsであることが判明しました。また、研修、研究と経済発展の重要な拠点として、大学は密接に大学に相互接続されている現代資本主義のための知識産業の構造内の中心地となっている最先端です。学術機関内の労働力とほとんどの教師や研究者を含め、これらの企業はすでに、すでに生産、すなわち収益性の高い労働に関与しているか、すぐになります賃金労働者で構成されたコースです。専任教員自身が自分の仕事の制御を失っています。明白な反論上から課せられたこれらの電流の顔では労働組合の発展の形でのみ、その初期段階にある下からの闘争があります。サポート技術情報の定義により、スキルの高いレベルを持っている労働者、戦略的な生産的な場所での作業とますます依存ワークプロセスでお互いに協力する必要があるが、学術的な資本主義に対して効果的に闘争する立場にあります。

収入のためと威信の理由のための必要性によって駆動され、大学は知的財産権や特許、発明、著作権、さらには商標の独占制御を求めるに深く巻き込まとなっています。大学のために適用される特許の数は、千年の変わり目に5000に1970年代にいくつかのスコアから掛けています。資本主義そのような権利の初期の段階では、間違いなくイノベーションを助けました。今日では、支配的な経済のビューは、このような知的財産権の保護は経済的な技術革新への鍵であるということです。実際、競合がこのように新しい知識の民営化は、民間産業と国内およびグローバルレベルでの新しいリンクを作成していることです。近年の経済発展はない知的財産権によるものではなく、むしろ知識等のクレームは排他性と機密性の雰囲気を作成しているの普及と応用を促進するよりも科学技術の前の公共投資の果実でした。訴訟は、創造性よりも重要になってきているし、知的財産権の普及は、情報の断片化、労力、秘密および訴訟の不必要な重複を促進することにより、今後の進展を妨害します。歴史的に科学は多数の個体が累積し、集団的プロセスに一部寄与しているコラボレーティブプロセスでした。この精神は、全体のプロセスのためのクレジットを主張する単一のエージェントに依存する知的財産の新自由主義システムへの対掌体です。

ストライク上UMFA

これは50年前のバークレーで言論の自由運動の学生が提起した基本的な質問に私たちを返します。大学の管理者、政治家、ビジネスマンや新自由主義経済学者が交換価値に知識を回すために求めているが、それはそうすることは困難証明しています。確かに、知識の創造と普及は、学術的資本主義の足枷によってキャプティブ開催されています。学術知識の信じられないほどの蓄積がほぼ確実に社会の上に政治的、社会的な制御を前提としています一般的な知性やマス民主意識の一部として使用する値として自由に設定することが頼みます。同時に、大学が公共の利益に奉仕すべきであるという考えに続けて攻撃や大学で人文社会科学の場所の弱体化は、資本主義の政治的正当性を弱体化させるのに役立つ他の要因の一つです。

今マニトバ大学の教員は、ピケットラインをしっかりと保持しています。経営陣との協議が続いています。我々は、任意のワークロードが増加し、公正な評価の実践と雇用保障に対する最小限の保護を要求しているこのストライキを解決するには。しかし、私たちは最後の大学であること、それは私に発生した教授を占め、化学者、ソーシャルワーカー、社会学者と話し厳しい寒さのラインを歩くとその管理が終了しているように、両方の労働の継続的な強奪の製品と知識。来週私は即興ティーチインピケットライン上でこれに講義します。学習は、上に行く必要があります。

ヘンリー・ヘラーはマニトバ州、カナダの大学の歴史学教授です。彼はの著者である  資本主義の誕生:21世紀の展望  (冥王星プレス、2011年)、  冷戦と新帝国主義:グローバル史、1945年から2005年  (月額レビュープレス、2006年)と  フランスのブルジョア革命  ( Berghahnブックス、2006年)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« アレッポ、ト... 社長としての... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。