goo

ロシア国防省:TANF ATに配備米長距離ロケットランチャーは、政府軍に脅威を与えます

2017年6月15日 - 1421ビュー

 

ファイルイメージ

ロシア国防省は、米国militayはヨルダンからシリアへの高機動砲兵ロケットシステム(HIMARS)を展開することを木曜日に確認しました。

米国がal-TANFのシリアの町の近く米特殊作戦部隊のベースにヨルダンから2つの高機動砲兵ロケットシステムを再デプロイしている [イラクとシリアの国境に]。シリアへの外国人の武器の展開、特に複数の砲兵ロケットシステムは、「主権国家の政府と調整する必要があり、同省は声明で述べています。

同省はこれらのsytemsはRaqqahのISISの牙城を襲撃、米国が支援するシリアの民主軍への支援を提供することができないと付け加えました。その代わりに、彼らは政府軍への直接の脅威となっています。

米国主導の抗Daesh連合は何回か、すでにヨルダンの国境に近いDaesh [ISIS]を戦うシリア政府軍を攻撃しました。同様のストライキが今からHIMARSを含む、今後も継続することができることを前提とすることが可能です。だから何の目的米国がシリアに追求していると誰米軍人が戦っています?」

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  カタール危機... 写真:Raqqah... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。