goo

クリミアへのガスパイプラインが完成 ロシア

ロシアがウクライナから併合したクリミア半島で、ロシア南部から直接、天然ガスを輸送するパイプラインが完成しました。

ク リミアでは、ガスを使った火力発電所も計画されるなど、ロシアによる実効支配が強まっています。ロシアがおととしウクライナから併合したクリミア半島で、 ロシア南部から直接のびる全長350キロ余りのガスパイプラインが完成し、27日、プーチン大統領もモスクワからビデオ中継で参加して記念式典が行われま した。

このなかで、プーチン大統領は、ロシア南部から天然ガスの輸送を開始するよう指示したうえで、「クリミアの社会と経済の発展に向けて全く新しい状況が生まれた」と述べて、パイプライン完成の意義を強調しました。

ク リミアでは、ロシアからのガスを使った火力発電所が、今後2年間に2か所、建設される予定で、以前のようにウクライナ本土に依存することなく、電力を供給 できるようになるということです。ロシア政府は、クリミアとロシア南部をつなぐ全長およそ19キロの橋も再来年の完成をめざして建設していて、クリミアの 実効支配を強めています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  中東戦争のイ... 幻覚作用強い... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。