goo

ロシア外務省:米国主導の連合ストライクに対するシリア軍の絶対に容認できません」

ロシア外務省:米国主導の連合ストライクに対するシリア軍の絶対に容認できません」

 

ファイルイメージ:シリアで米軍関係者

ファイルイメージ:シリアで米軍関係者

シリアgovermment軍の車列に米国主導の連合ストライキは受け入れられないと国の主権を侵害し、ロシア外務次官ゲンナジーGatilovが明らかにしました。

「シリア情勢の悪化につながる任意の軍事行動は間違いなく政治的プロセスに影響を与えます。そのような行為がシリア軍に対してコミットされている場合は特に...これは完全に受け入れられません。それはシリアの主権の侵害です。もちろん、それは政治的なプロセスを助けていない、」Gatilovは言いました

木曜日に、米国主導の連合軍の空軍力は50キロシリア・イラク国境に位置アルTANFの町からシリア軍の軍事船団を爆撃しました。空爆は、軍人の間で死傷者につながったと物的損害を引き起こしました。(MORE HERE

米国主導の連合は、シリア軍が地域における米国主導の連合軍関係者への脅威となったと主張しました。

一方、専門家は、ワシントンとその同盟国は、政府軍は、これらのアクションとイラクの国境のコントロールを取り戻すことはできませしようとしていると信じています。

 

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 米国主導の連... ラブロフ:米... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。