goo

ヒズボラ戦闘員、レバノンとシリアの国境にある最大級のテロリスト拠点に入る

2017年7月28日6:5

(/・ω・)/世界最強ヒズボラ

 
ヒズボラ戦闘員、レバノンとシリアの国境にある最大級のテロリスト拠点に入る
 
テヘラン(FNA) - レバノンのヘスボラ軍は、Arsal高地にあるAl-Nusra Front(Tahrir al-Sham Hay'atまたはLevant解放委員会)の最大かつ主要な軍事基地に進入したとフィールド・ソースが確認した。

情報筋によれば、抵抗戦闘機は、アル・ヌスラのテロリストをより多くの地位から押し戻し、ほぼ400平方メートル/ mの面積をカバーするワディ・アル・ケヘイ地域の山の1つにメインサイトに入ったという。

情報筋はさらに、テロリストのサイトには、いくつかのレバノン兵が一度投獄された刑務所が含まれていると付け加えた。彼らは2014年にアルヌスラとの衝突で捕らえられたが、後に解放された。

情報筋によると、ラール・バアルバク地方のハーフ・アル=ジャラシュの高さにあるレバノン陸軍の地位の1つは、テロリストの迫撃砲による攻撃を受けたと言われている。

関連する報告書によると、抵抗軍はアルヌスラとの激しい衝突に巻き込まれ、アルサルのアル=カリアエを含むいくつかの高さを支配した。

軍事筋によると、ヒズボラがアルカイダを支配することは、山岳地域周辺の治安を回復させるのに役立つだろうという。

筋によると、Arsalの高さの95%が解放され、Al-Nusra Frontは高さのわずかな部分しかコントロールしておらず、降伏する以外にほとんど残っていないことが確認された。

その間、ISILのテロリストはArsalの北通過で抵抗軍の包囲の下に入り、彼らの供給ラインも削減されました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  ダマスカス、... シリア陸軍、... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。