goo

ダマスカス、デアール・エズール州のシリア空襲でテロ集団の地位が強く打ち切られた

Fri 2017年7月28日6:43

(/・ω・)/頑張れ、シリア軍
 
ダマスカス、デアール・エズール州のシリア空襲でテロ集団の地位が強く打ち切られた
 
テヘラン(FNA) - シリア空軍は、デイル・エズールとダマスカス州のISILとアル・ヌスラ・フロント(タハリール・アル・シャム・ヘイアットまたはレヴァント解放委員会)の動きと位置について数回の戦闘飛行を行った。

戦闘機は、パノラマ基地、連邦137基地、アル・マカベール(墓地)地域、ラクカ橋、アイン・アブ・ジョムアのチェックポイント、コニコ油田の砂漠でISILの集中センターとムーブメントを襲い、テロリストに大きな損害を与えた。

一方、軍用機は、オタヤとグシュタ東部のホシュ・サレヒエー農場との道を通って、東部と北部のオタヤ周辺のアル・ヌスラの敷地を大量に爆撃し、多数の武装勢力を殺して傷つけた。

関連する報道によると、空軍部隊は、アイ・イルの集中センターとアルカナマット地区、パノラマ基地、およびDeir Ezzurの西側の田舎のMa'adan Atiq村での動きを標的にし、主要軍事訓練キャンプを破壊し、数を殺害したISILの現地指揮官であるモハマド・サカール・アル・ハミス(Mohammad Sakar al-Khamis)

その間に、シリア陸軍の軍隊はデイル・エズールの軍事港周辺でISILとの大規模な戦いに取り組み、テロリストに大きな犠牲者を与えた。    

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« スウェーデン... ヒズボラ戦闘... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。