goo

イラク軍、モスルの「虐待」に関する報告書を根拠のないものとして拒絶

 
 
(`・ω・´) 米国に死を!イスラエルに死を!
 

イラク軍、モスルの「虐待」に関する報告書を根拠のないものとして拒絶

イラクの警察官は、2017年3月15日、ハム・ア・アイル(Hamam al-Alil)にあるDaeshから撤収された地域の大墓地にある遺体に囲まれて、自分自身を収集している。
イラクの警察官は、2017年3月15日、ハム・ア・アイル(Hamam al-Alil)にあるDaeshから撤収された地域の墓地にある遺体に囲まれているので、自分自身を収集している。(Photo by AP)
イラクの軍事関係者は、イスラム原理主義組織(ISIS)のテロリストからモスルを解放するための数カ月間の戦いの中で、政府軍が人権侵害を行ったと非難したアムネスティ・インターナショナルの報告書を「根拠のない」ものとして拒絶した。

アムネスティは火曜日、「イラク政府と米国主導の連合軍は国際人道法違反を繰り返し犯しているようだが、その一部は戦争犯罪になるかもしれない」との報告を発表した。

イスラム教シーア派民兵組織(ISIS)に落ちた3年後、イスラエル首相ハイデル・アル・アバディ(Haider al-Abadi)が市で勝利を宣言し、モスルの解放作業が正式に終了した。

しかし、イラクのヨハ・ラソル司令官は、イラクの軍事演習で、アムネスティの報告書は根拠がなく、モスルの現実を反映していないと主張した。

イラク軍は、モスルでの攻撃中に軽量と中規模の軍隊を使用し、民間人の生活を恐れて重力兵器を使用することに注意した。

イスラム原理主義組織(ISIS)は、イスラム原理主義組織(ISIS)の主要拠点として活躍していた都市の荒れ狂った場面に脅かされていると強調し、司令官はモスルの街に散在する武装組織を発見すると述べた。

アムネスティの報告によると、市の西側を解放することを目的とした戦いでは、民間人は「イラク政府軍と米国主導の連合加盟国による絶え間ない違法な攻撃を受けている。西モスルの住人たちは、彼らが人生で逃げるならば、自分自身を幸運に数える」

この報告書は、2017年2月19日から6月19日の間に、イラク連合軍によって発射された攻撃が、5,805人の民間人の死亡を引き起こした可能性がある、とAirwars監視グループを挙げた。

報道官は、戦闘の激しさから死亡や怪我を記録するのがモニターにとって困難であり、ISISの制御下にあるエリアでの携帯電話の使用を禁止しているため、数字が過小評価される可能性があると述べた。

アムネスティは、反テロ戦争が「民間人の大災害」を引き起こしたと言いました。

また、連合スポークスマンのジョー・スクロッカ大佐は、この報告書は「無責任な」と述べ、「戦争は楽しいものではないと主張し、愚かであり、民間人や兵士の生活を危険にさらす"

ワシントンが率いる同盟は、2014年6月にイラクで軍事航空キャンペーンを開始した。

連立は、キャンペーン中に民間人の生活を無視して告発されている。

ソース:presstv

 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 元大使はサウ... アメリカとイ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。