goo

約2,000の地域の武装勢力がシリア陸軍との戦いを終了

水曜日7月5日、2017 7:3
 
約2,000の地域の武装勢力がシリア陸軍との戦いを終了
 
テヘラン(FNA) - シリアのロシア和解センターは、最新の報告書で、これまでにシリア陸軍との和平合意に署名した地域、町、村の総数が1,996人であることを発表した。

ロシア国防省のウェブサイトで発表されたこのセンターの声明によると、125以上の地域の過激派の代表が、イスリブとハマでダマスカス政府と和平を結び、これまでに平和計画に加わった町、地域、村の総数1,996に達した。

アスタナで開かれた新シリア平和協議の中で行われた報告によると、参加者たちは、戦争で被害を受けた国の4つの脱エスカレーションゾーンのうちの2つのスペックに合意した。

カザフスタンでの和平交渉に参加した国々は、ダマスカスと北ホムスの東部Ghoutaを4つの脱エスカレーションゾーンのうちの2つとして宣言する合意に達した。

報告書によると、両当事者は、アル・ヌスラ・フロント(ファタハ・アル・シャム・フロントまたはレヴァント解放委員会とも呼ばれる)と関連団体がデ・エスカレーションゾーンを設立するために駐留していた地域に関するアンカラの対応を待っていたSweida、Dara'aおよびQuneitraを含む、シリアの南部。

また、4つの脱エスカレーション・ゾーンでの合意を監視し、確実にするために、軍隊の展開と平和維持軍の国籍についていくつかの会談が行われた。

この報告書に基づき、ロシアはいくつかのアラブ諸国やヨーロッパ諸国を含む他の諸国に協力を促そうとしていたが、参加国のいずれもこの決定に同意しなかった。シリア政府はこの問題についてコメントしなかった。

アスタナの新ラウンドで研究される別の問題は、誘拐され拘束された人々の問題であり、シリア政府の代表団とアスタナの会談に参加している過激勢力のグループが、

イラン、ロシア、トルコとの火曜日のカザフスタン首都で始まったシリア政府と野党間の第5回会談は、仲介者としてのこの会談に出席した。

ロシア、イラン、トルコは5月4日にシリアで4つの脱エスカレーションゾーンを設けることで合意した。

カザフスタンの首都アスタナで開かれた会合で署名された覚書の下で、これらの4つの地域には、アイドリブ州とアレッポ、ラタキア、ハマの隣接地方のいくつかの地域、ホムス北部、東部ガウタのダマスカス郊外、南シリア、ダラア、クヌイトラ州の州の

これらの分野では、5月6日現在、軍事用飛行禁止区域の設立に伴い、禁止令の戦闘が開始された。

覚書は6ヶ月間締結され、自動的に延長することができます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア兵士は... ロシア副大臣... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。