goo

シリアの兵士とレバノンのヒズボラの戦闘機は、国境地域での合同テロ対策の操作をキックオフ

ゴリーアーカイブ:シリア・アラブ軍

画廊

シリアの兵士とレバノンのヒズボラの戦闘機は、国境地域での合同テロ対策の操作をキックオフ

シリア軍部隊とレバノンのヒズボラの戦闘員は、シリア・レバノン国境地域でArsalとQalamounハイツのテロリストグループの位置をヒットする2つの方向から共同作戦を開始しました。

ヒズボラのモルタルやミサイルユニットはZohrアル・ハワで、アル・Qanzah、イーグルの高さ、ワディ(砂 漠)AL-(もファタハ・アル・シャムフロントまたはレバント解放委員会として知られている)アル=ヌスラ戦線の集まりやコマンドセンターを打ち砕い Arsal高さでKhaylとSha'abaアルNahla領域。

一方、西洋QalamounとFlitehハイツに配備シリア軍とヒズボラのミサイルユニットがal-Zalilの高さ、タル(丘)アル・Karahとタルアル・アラムでのテロリストの位置に重い火を開きました。

また、軍とその同盟国は、シリア空軍の重い空爆によってバックアップFalitehやせ地に近いタル・バーカーンの大きな丘を襲撃し......

シリア・レバノン国境での西洋Qalamoun操作の新鮮な相は、地域の共同反テロ操作の最後の段階として考えられている......

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリアの兵士... 「Hezbollahi... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。