goo

Intl。企業はイランで2千億ドルの石油取引を交渉

Oil and Bijan Zangeneh大臣によれば、アジアとヨーロッパの企業は、2000億ドル相当の投資を必要とするイランの石油・ガス開発プロジェクトへの参加を交渉している。

イラン議会は、イランの議会に対し、今月初めにフランスの巨大企業であるトータルと提携した50億ドルのガス取引についての質問に答えるため、イランの議会に対し、イランが海外からの金額の65%から70%を吸収するとみている。

プレスTVによると、アミール・ホセイン・ザマニニア国際問題担当副大臣は、トータルとの契約は、国際企業とのより多くの契約の締結のために動き出したと述べた。

"これは最後のものではないことを私は保証することができます。今後数週間以内に他の契約が行われることになるだろう」と述べた。ザマニニア氏は、イスタンブールで開かれた会議の席上で述べた。

最も関心のある企業

ザマニニアはBPとロシアのガスプロムとルコイル、そしてマレーシアのペトロナスは同国と話し合っていた国際企業の中で言及している。  

デンマークはイラン石油連盟のレザ・ペイダール理事会の副会長によると、デンマークはイランの開発計画に10億ドルの投資拠出を提案し、両当事者は間もなくこの点について連絡を確立し始めると付け加えた。

「わが国への投資に最大の関心は、オーストリア、ノルウェー、スウェーデン、英国、ドイツ、そしてイタリアとスペインの非常に限定された形で受けている」とIRNAは語った。

上流部門では現在、53件のプロジェクトが優先されており、推計では1,080億ドルの外資が投資されています。

「この金額は最大3〜5年以内に実現される予定で、次のプログラムへの将来の投資の道を開く」とPaydar氏は語る。

火曜日、ザマニニアは、イスタンブール会議で、イランのガス生産量は、1日当たり8億立方メートル(mcm)から今年末までに1日に10億立方メートルに増加すると語った。

同国は2021年までにガス輸出量365mcmを計画しており、これは世界の液化天然ガス生産会社カタールが現在輸出している量よりも多い。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 写真:シリア... DM:イランは... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。