goo

シリアに成功した和平交渉のために不可欠の条件

2016年10月16日10時48分
 
シリアに成功した和平交渉のために不可欠の条件
 
テヘラン(FNA) - シリアの最初の多国間協議は、実際の取引に向けた進展なしで、ローザンヌ、スイスの土曜日に終了しました。協議が再会することに合意して終了しました。

誰もが取引-作る気分であるように思わないので、正確に何を交渉の第二ラウンド、ロンドンでこの時間は、ことを目的としていることは、明らかではありません。ロシアFMセルゲイ・ラブロフは、「いくつかのアイデアが「議論されていた提案し、参加者の中、それは彼らが扱うだろう誰が明らかになっていません。これは、明らかにロシアに対処するためではない、その方法の外に起こっている米国、ではありません。会談で他の当事者は、イラン、トルコ、サウジアラビア、カタールが含まれます。

ここでは、交渉のテーブル(イラン、ロシア)での戦争の反対者が直面する最大の課題は、戦後の選挙や多数決、または戦争を開始した根底に不満や目標のいずれかの上に意見の相違を解決する方法はありません。これらは難しい問題ですが、彼らは最も困難ではありません。最大の課題は、このようなステップが彼らの脆弱性を高め、条約のを強制する能力を制限するにもかかわらず、ISILとアルカイダの関係会社から分離し、それらの党派軍を流し、そして征服領土を放棄するすべての米国が支援する反政府勢力を説得する条約を設計することです他の用語。

反乱グループが契約の締結を以下の動員解除期間に(国連からインスタンス用)サードパーティのセキュリティ保証を取得し、戦後初の政府の電力共有保証を得るとき、彼らは彼らの決済を実装します。グループに障害が発生したり、そのような保証を得ることを拒否した場合、敵対勢力は、最終的に交渉による解決を拒否し、彼らの戦争を継続していきます。

そして前回の協議 - - 任意の実際の予約に向かって任意の進捗状況のレポートなしで終わったローザンヌの最初の会談が理由は説明しています。米国とその地域の同盟国は、ISILとヌスラ戦線から分離するために、そのプロキシ力を尋ねることを望んでいない、ましてや武器を置くと、その本来の目的(社長バシャールアサドの追放)に妥協、との条件を実装するかどうかを決定します条約。

一方、シリアに貢献しているイランとロシアはISIL、アルカイダや他の過激派グループからの広大な領土を取り戻します。誰が交渉のテーブルに再び会うことに合意しました。誰が彼らの不満のいくつかを解決するために管理している、まだヌスラ戦線などの外資系テロリストグループが再び会談や、彼らが新たな停戦合意に署名し、動員し、補給を開始した後、それらを活用することを心配します。これは、米国とそのプロキシが戦争に復帰することを選択したその間アレッポの前の停戦合意、後のケースでした。

最後に、それは長く、ワシントンとその同盟国によって無視され、実装段階で、それがナビゲートするのが最も難しいと以前の停戦協定が失敗した理由です。何このレイアウトんすることは交渉の次のラウンドが成功する可能性がある条件、困難実施期間を通じて敵対勢力とそのキー同盟国を得ることが必要である多国間の同意と理解の種類、および停戦がある時にタイミングです最も貴重。

最後に、それは政治的解決にはすでに40万の命を奪っし、何百万人以上の難民をした紛争を解決する唯一の方法であることが次第に明らかになりました。米国とその同盟国は、中東全体に広がるいくつかの戦争で動きが取れなくなってきています。彼らは、シリアでのイベントのコースを変更するには、任意の有意な様式に介入する可能性は低いです。問題を単純化するために、彼らは最初のテロ集団から身を遠ざけるとその政権チェンジ幻想を放棄する必要があります。

そのプロキシ力が同様の亀裂に直面しています。反乱軍は最小限に抑え、そのランクでISIL、アルカイダとその関連会社の存在を排除し、どのような戦後とポストの凝集考えに統一市民戦線を形成するようにするために平和への最初のステップは、その後、あります-electionsシリア(強調ここでは)のようになります。

両側に定着しになっている不信の一部を反転させるためには、善意の行為も重要です。新しい交渉は終わっ戦闘を終了し、人道援助を送信し、オーバー蘇生や過激派グループの補給、または失われた領土を奪還するための条件を作成しないでなければなりません。

戦争に勝利し、対戦相手と同じページにされていないにも関わらず、イランとロシアは交渉は、米国、失敗すると確信してレシピですエスカレーションを求め、その地域の同盟国以上を続けていきたいです。テヘランとモスクワはテロリズムとの戦いと最後に戦争をもたらすことへの真のコミットメントを持っています。誰もがこのような状況で勝利しないように彼らは協議をボイコットすることはありません。しかし、彼らは平和と和解のための真の意図と実際の交渉をしたいです。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリアの反政... ダマスカス近... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。