goo

米国は、シリアでプロガバメント力を打つドローンをダウン撃ちます:米国はシリアのプロ政府軍を打つ

米国は、シリアでプロガバメント力を打つドローンをダウン撃ちます

 米国は、シリアでプロガバメント力を打つドローンをダウン撃ちます
米国主導の連立政権は、TANFのその訓練基地の近くにシリアプロ政府軍を襲った、とそのdeconfliction範囲外の武装ドローンを撃墜しています。火曜日にTANF時に以前の空爆の近くには、ダマスカスとモスクワで非難されました。

「私たちはアットTANFの駐屯地での連合軍に脅威を与えることが評価された2台の技術の車に対してストライキを実施し、」生来の決意作戦のスポークスマン大佐ライアン・ディロンつぶやきました。

「今日は運動の第三セットは米国でTANFの外に動作して連合軍に脅威に対応して行われた打ちます。連合は、シリアの政権やプロ政権軍と戦うために求めていません。しかし、我々はすべての脅威から身を守るために準備ができたまま、」ディロンは、5月18日と6月6日にストライキを説明するために使用された同じ言語を展開、と述べました。

続きを読む:米国はシリアのプロ政府軍に打つ:「攻撃は防御として自分自身を装いました」

前の事件との幅広い類似性にもかかわらず、重要な違いがありました。ディロンは、それが米国のMQ-1、それはその後、破壊に類似した親政府軍に属するドローンでの焼成を行った際、米国のパトロールは、55キロdeconflictionゾーンの外に行ってきましたと言いました。

シリアはその主権領土内での米国のdeconflictionゾーンを認識しません。米国は以前に民兵(以前はISIS / ISIL IS)ロシアは、アメリカ軍が反イスラム国家を訓練しているTANF、で外セーフゾーンを承認したと述べたが、今週モスクワでは「と言った一方的に宣言された」 deconflictionゾーンである「非嫡出。 」

ディロンは木曜日に、以前の2打目は、数百の米国人が駐留している訓練基地、近くに武器を積んだピックアップトラックに反対したと言いました。その忠誠が指定されていませんし、死傷者がいずれかの事件に連合軍によって維持されませんでした。

今週初め、連合はRaqqa、イスラム国家の本格的な攻撃始まった「資本」ヶ月かかりそうであるでTANF、の北に位置し、。外交緊張の高まりにもかかわらず、米軍はその秋までに少なくとも残すことはほとんどありません。

「連合軍は、年以上でTANFに位置しています。守備隊は、ISISを倒すために吟味する力を養成するために、一時的な連合の場所で、ISISが敗北するまで、空いたことはありません、」米国の中央司令部からの声明は述べています。

でTANFで、いわゆる「deconflictionゾーン」の設立はシリアの影響力や中東の全体を取り戻すために私たちの試みで、セキュリティアナリスト、チャールズ・シューブリッジ RTに語りました。

ワシントンは「地域の地盤を失った」によるシリアを見たロシアとイランの政策に「戦争は特に、反政府勢力に対して回し、西側の一部でサポートされている1つの方法または別にあったより極端な性質のもの、」彼は言った。

「3 週間でこの第三の攻撃は印象を強化していきます-多くは、いくつかの時間を持っていたこと-プロキシが、実際には、むしろ拡張したりすることなどがある (TANFで)アメリカとイギリスの特殊部隊の真の目的は...これらの反乱軍を訓練していること戦略的な視点位置から、この非常に重要な中でアメリカの 影響力を回復する失われた、」 Shoebridgeは説明しました。

これらの新しい過激派組織「今すぐに訓練されています。そして、武装; そして資金提供; そしてアメリカ人によって支援。そして実際に航空支援を与え、」と彼は付け加えました。

社長トランプのように、「イランに対する地域におけるアメリカの政策のほとんどを指示しているようだ、」それはアメリカ人が今、心にテヘランでシリアに行動している可能性が高いですが、アナリストは語ります。

米国はプロ政府軍の攻撃を正当化することはできません自己防衛にあったと主張し、ジャン・オバーグ、平和と今後の研究のためのトランスナショナル財団のディレクターは、RTに語りました。

「私はこれで攻撃が誰であるかを言うのだろうか?アメリカ人は誰もがそこにそれらを招待せずにシリアであり、彼らは両方のISIS(イスラム国家)とISISをサポートする同盟国を通じて、」戦っているようだと彼は言いました。

Oberg氏は、それは、警告は、国連憲章の下で自衛権を持っているシリアを、だと指摘し、「シリアのアメリカ人は、彼らがで撮影されることを期待すべきです。」

参照してください

四のNATOパワーは、米国、ギャラップの世論調査ショーにロシアを好みます

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 英国 PM 月 中... コレラ刺さと... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。