goo

イマームハメネイ:イスラエルの実体は、人間の論理規則を除去しなければなりません

イマームハメネイ:イスラエルの実体は、人間の論理規則を除去しなければなりません

 

 

イスラエルが全滅する必要があることを - - 私たちの寛大なイマーム(Ra)が行われていることを論理的な文は、人間の原理に基づいています。私たちは、世界にこのための実用的な解決策を提示し、誰もが合理的な方法でそれを批判することができませんでした。私たちは、住んでいる人々は、それを治めるべき者を決定から来て、この領域に属するように、世論調査や投票を実施すべきであると述べました。私たちは、人々がこの問題を解決すべきであると述べました。

これは、シオニスト政権を消滅させるという意味です。これがソリューションです。これは理解できる、世界でロジックの今日の基準で愛用されたソリューションです。これは実用的なソリューションです。私たちも、国連とそのような業務を担当する国際機関の数に提案を出しました。そして、この提案は、それらによって議論されました。

ポリシーである鉄の拳、残酷かつ野蛮を持つ人々に向かって動作するように、それは気にと、人々や子供を 殺す異なる領域を攻撃し、破壊を引き起こす否定するものではない - - この野蛮人と残忍な政権がという問題のための治療法はありません作成していますその破壊と消滅を除きます。場合は、アッラーのおかげで、その日が来ると、それが殲滅されている場合は、そのようにはるかに良いです。しかし、治療法がある限り、この偽政権が生き残るとして何ですか?治療法は、この政権に対する決定的と過激派の抵抗です。

パレスチナ人は、シオニスト政権の顔に電力を表示する必要があります。誰もそれがガザのミサイルがなかった場合は、シオニスト政権は彼らの侵略を停止しているとは思わないはずです。これはそうではありません。彼らは西岸で何をしているかに注目してください。西岸にはミサイル、武器や銃はありませんが、これがあります。人々は石がある持っている唯一の武器。シオニスト政権がやっていることに注意してください。それは何でも、それができています。それは自分たちの生活を破壊し、それがhumiliatesし、それらをbelittles、それは彼らの庭園を破壊し、人々の家を破壊します。必要であれば、それはそれらに水を閉じ、そのブラックアウト電気。

シオニストは、彼らと妥協アラファトのような人を容認することができませんでした。彼らは毒さ、屈辱、包囲、彼を破壊しました。私たちがシオニストの顔に電力を表示しない場合、彼らは容認し、人々に慈悲を示し、彼らの権利を遵守することはそうではありません。これは、すべてのケースではありません。シオニスト政権が全滅する前に存在する唯一の治療法は、パレスチナ人が強力な方法で行動するために管理することです。

この残忍な暴力的な政権である - - 彼らはすべての彼らの力との休戦を探しているとして、退却します彼らは強力な方法で行動した場合、他の側がすることが可能です。これは、彼らが絶望的になったことを意味します。彼らは、人と子供を殺し、彼らは過度な方法で残酷を示しています。しかし、彼らは同様に必死です。彼らは苦境にあり、彼らは停戦後にしている理由です。

したがって、我々は西岸ガザのような武装になるべきだと考えています。電力を表示する必要があります。パレスチナの運命に興味を持っている人々は、どのような彼らができる行う必要があります。これは何をすべきかです:西岸地区の人々は、同様に武装しておく必要があります。パレスチナ人の痛みを軽減することができる唯一のことは、消費電力を表示することです。そうでなければ、我々が行われるパレスチナ人の利点とこの、暴力的な悪意と残忍そうなクリーチャーが低下しない表示されていることを暴力であり、飼いならさ卑屈と従順な方法、何で行動する場合。 2014年7月23日

イマームハメネイ:イスラエルの実体は、人間の論理規則に排除されなければならないタグ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 悪魔サウジア... ホムス県の150... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。