goo

バーレーンは、シェイク・イサQassimとの連帯を表明します

バーレーンは、シェイク・イサQassimとの連帯を表明します

2016年10月28日19:57
 

51c7f628-1ac3-41a1-85ae-25936e06f222

 

バーレーンの反体制デモ隊は、シニアシーア派聖職者シェイク・イサQassimとの連帯を表明することに街頭に撮影しました。

デモは、金曜日にDiraz、ShakhouraとアブSaibaの村で開催されました。

デモ隊は、シェイク市民権のQassimとバーレーンのシーア派コミュニティの継続的な迫害を除去するためのアルハリファ政権を非難しました。

マナマもQassimの故郷である、場所にDirazの村で金曜礼拝を保持の禁止を維持しています。

同様の抗議行動もA'aliの町やデモが聖職者のためのサポートを表明Ma'ameerとMaqshaの村で開催されました。

6月には、マナマの当局は、バーレーンが事務局長、シェイク・アリ・サルマン、自分自身の著名なシーア派聖職者の主なシーア派野党グループアルWefaq国立イスラム協会の活動を中断した後、約一週間シェイクQassimの国籍を、取り消されました刑務所で2014年12月以来。

アルハリファ政権はまた、シェイクQassimによって設立された野党アルRisalaイスラム協会およびイスラム啓発機関を、溶解しました。

政権に対してスローガンを唱え、金曜日のデモ隊は、シェイクQassim及びその他の政治的抑留者の解放を求めました。

半ば2011年2月以来、反体制デモ隊数千人の力を放棄するアルハリファの家族のために呼び出し、バーレーンの路上で多数のデモを開催しています。

人々のスコアは、負傷した他の数百人を殺害し、平和的な集会に継続的な弾圧で逮捕されました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア軍は、... ISILのテロリ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。