goo

デMistura:ロシア-提案セーフゾーンは2.6Mlnシリア人にプラスの効果を持つことができます

2017年5月11日6時39
 
デMistura:ロシア-提案セーフゾーンは2.6Mlnシリア人にプラスの効果を持つことができます
 
テヘラン(FNA) - シリア国連特使シリアデエスカレーションゾーンの契約の実装は、少なくとも260万人にプラスの効果を持つことができると言いました。

「あなたは約4デエスカレーション領域の話をすると、これは影響の可能性を秘めている - うまくいけば積極的に人道的見地、少なくとも260万人から、」シリアスタファン・デ・ミストゥーラ国連特使は、ジュネーブでのブリーフィングで述べました、RIA通信社が報じました。

アスタナ交渉の月のラウンドは、イドリブの州と7つのその他の領域を含むシリアのデエスカレーションの4つのゾーンの作成を目的としたシリアの停戦保証状態、ロシア、イラン、トルコ、によって署名された覚書になりました。政府軍と野党武装グループ間のいずれかの衝突は、ゾーン内に停止しなければなりません。

デエスカレーションゾーンの覚書は、5月6日に発効しました。

ロシアの副防衛大臣は、デエスカレーションゾーンに関する覚書の実装では、内戦に終止符を打つだろうと5月5日に語りました。

シリアデエスカレーションゾーンの確立はジャン・エグランド言っ人道問題に関するシリアのための国連特使への人道支援、顧問への希望を与えます。

「私は希望がここにあると思い、そしてそれは5月4日に合意したアスタナで合意覚書に今接続されている、」Egelandはブリーフィングで語りました。

彼は、覚書は、4つの安全ゾーン間停戦に加えて、迅速な安全および妨害のない人道アクセスや医療援助のための条件を想定していること「がない不確かな用語で」言うように契約を引用しました。

「彼らはこの人道契約を実装するために積極的に国連や人道パートナーと、非常に率直に動作すること、ロシア、トルコとイランは、今日の私たちに説明し、昨日、私はまた、彼らに会った、」Egelandは語りました。

デMisturaはジュネーブで、「ビジネスライク」内シリアの会談の次のラウンドは5月19日のターゲットの終了日と5月16日に開催されることを確認しました。

「私たちは交渉来週の内シリアの新ラウンドを準備していることを確認してみましょう。彼らは月16に開始されます私たちは、5月19日に向けての目標として目指している」と彼は言いました。

彼は交渉が国連が出席月3-4アスタナ交渉以下「それは暑いながら鉄を打つ」ことを目的としたと述べました。

「我々は非常に潜在的に有望な見つけるいくつかの成果がありました、」デ・Misturaは停戦を参照すると、デエスカレーションゾーンはカザフスタンの首都に保証人、ロシア、トルコ、イランが署名した覚書、と述べました。

彼は月曜日にジュネーブ協議の次のラウンドの物流については詳しく説明し誓う「我々はアプローチのより多くの事務的タイプである[]を望むものになっている」記者団に語りました。

シリアでの紛争は、アル=ヌスラ戦線とISILなど、多数の過激派組織とテロ組織と戦う政府軍と約6年間にわたって持続されてきました。

全国のシリアの停戦体制を12月30日に導入されました、2016年のテロ組織が停戦の一部ではありません。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« テロリストが... 連合は、Tabqa... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。