goo

サウジに売却されたアメリカ製兵器の最終的な受取者はISIS

アメリカ海軍の元兵士ケン・オキーフ氏が、「アメリカがサウジアラビア政府に引き渡す兵器は、最終的にテロ組織ISISの手に渡る」と語りました。

プレスTVによりますと、アメリカの帝国主義的な政策を強く批判するオキーフ氏は、「アメリカが1100億ドルの兵器売却契約によりサウジアラビアに引き渡す予定の兵器の大半は、結局はISISのテロリストの手に渡ることになる」と述べています。

また、「ISISは、イスラエルとサウジアラビアのサウード政権の諜報機関により育成されている」とし、「イランが中東でテロを支援しているとするアメリカ政府の主張は、空虚でこっけいだ」としました。

さらに、「世界におけるアメリカの帝国主義的な政策により、数百万人の人々が殺され、難民化している」と語っています。

アメリカのトランプ大統領が先月20日にサウジアラビアを訪問した際、両国は3800億ドル相当の契約に調印し、そのうち1100億ドルはサウジアラビアに対する兵器の売却契約となっています。

6月17日17時40分、2017年で
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« イエメン防衛... アメリカ連合... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。