goo

南シリアのテロ集団を支援するアルムーク作戦室

Sat Jul 27、2017 3:50
南シリアのテロ集団を支援するアルムーク作戦室

 

【テヘラン(FNA)】テロリストは、サウジ、カタール、米国、ヨルダンのスパイ機関のもとで運営されているアル=ムーク作戦室は、南部戦線に加担している武装集団を支援しないことを明らかにした。
シリア・トワール・フロントに所属するテロリストたちは、ヨルダンのアル・ムーク作戦室が南部シリア戦線のテロリストをもはや支援しない、ということを彼らのフェイスブックのページに書いた。

彼らは、アル・ムークが後に南部戦線の解体とダラアとクヌイトラでの武装集団の構造の再構築について決定すると付け加えた。

情報筋によると、先週、ダーラア州の停戦監視のため、数百人のロシア軍がシリア南部に駐留した。

地元の報道官によると、400人のロシア軍警察は、シリア軍によって支配されているアルモタビン村の近くの運転訓練センターと北ダラアのアル・サンナミンの町に到着したという。

情報筋によると、シリアの兵士たちは、ロシアの軍事警察のための一時的な軍事基地を、アル・イサラ大隊110地域の北部とアル・サンナミンの町の近くに設置したという。

報道によると、ロシア軍は、軍事施設やIzra'a、Kharbat Qazaleh、Sheikh Meskinのテロリスト保有地域に近い地域など、いくつかの軍備管理地域を訪問したという。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  中国、北朝鮮... RaqqahでDaes... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。