goo

ロシア副大臣:シリアのロシアの無人機を追跡することができないテロリスト

水曜日7月5日、2017 6:30

ロシア副大臣:シリアのロシアの無人機を追跡することができないテロリスト

 ロシア副大臣:シリアのロシアの無人機を追跡することができないテロリスト

テヘラン(FNA) - ドミトリーロゴジン副首相は、シリアのテロリスト団体は、迎撃できないだけでなく、戦争の被害を受けた国の天空のミッションでロシアの無人機を追跡することも見つけられないという。
Rogozinは、Sputnikのアラビア語版ページで、テロ集団がシリアを飛行するロシアの偵察誘導無人機を迎撃して標的にすることはできないと言っている。

彼はさらに、シリア空域の上からロシアの案内ドローンによって撮影された写真は、地面にいくつかの目標を示したと付け加えた。

「テロリストグループは、テロリストによって犯されたり傍受されたりすることができないほどうまく偽装されているため、無人機を標的にすることはできない」と強調した。

関連報告は、最近、シリアのバシャール・アサド大統領がラタキア州のロシア政府のフミミム基地に行った写真と画像が、ロシア空軍が最近シリアでより近代的な戦闘機とミサイルを配備したことを示している。

写真は、ロシアがHumeimim基地にSu-27 SM3を配備したことを示している。

報告書によると、以前はシリアでは見られなかったSu-27の最後のモデルであった戦闘機があったという。

その間に、Huaimimの映像には、Jojo誘導ミサイルのバージョンであるRVV-SDミサイルが見られました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 約2,000の地域... トルコの代表... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。