goo

オバマ氏は「軍事大国」にロシアを回しましたか?

オバマ氏は「軍事大国」にロシアを回しましたか?

  54 寄付

 

バラク・オバマ米大統領は、ロシアの彼のスタンスは、2014年に、彼は超えないようにロシアを説明しているという事実にもかかわらず、彼の大統領の最初の日以来、一定となっていることを指摘し「軍事大国」ロシアを呼びかけている「地域大国」。

彼はワシントン、2016年1月5日でホワイトハウスのイーストルームで話すようにバラク・オバマ大統領は、彼の目から涙を払拭(写真:AP /キャロリン・キャスター)

木曜日に、ベルリンでの演説中に、バラク・オバマ米大統領は「軍事大国」ロシアと呼ばれるロシアの彼のスタンスが彼の大統領の最初の日以来、一定となっていることを指摘しました。しかし、2014年3月に、オバマ氏は、そのアクションウクライナの弱さではなく強さの表現である「地域大国」を超えないようにロシアを説明しました。どうやら、オバマ氏の言葉のような不一致は、ちょうど彼の大統領の期間におけるロシアの「制限」の文脈内で障害が発生した米国の政策の本質を反映しています。

私は最初のオフィスに入ってきたので、「ロシアに関しては、ロシアへの私の主なアプローチが一定となっています。ロシアは重要な国です。それは軍事大国です。これは、地域で影響力を持っており、世界中の影響を与えています。そして、私たちは世界中の多くの大きな問題を解決するために、それはロシアと協力し、彼らの協力を得るために、私たちの利益である、「オバマはベルリンでドイツのメルケル首相との共同記者会見で話す、と述べました。

彼はまた、「我々は、すべてのを期待すべきであることに留意ロシアの人々が採用され、経済が成長して成功した、と彼らは隣人との良好な関係を持っています。」

 

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/_bidZpeyXfo?rel=0" frameborder="0" width="640" height="360"></iframe>
このような文にもかかわらず、2年前に、オバマ氏はロシアについて全く逆のことを話しました。

 

「ロシアはない強さの外になく、弱さのうち、そのすぐ隣の一部を脅かしている地域大国である」と彼はオランダの首相、月にマルク・ルッテ、2014年 "という事実は、ロシアとの記者会見で語りましたそれは軍事で行くと国際法のこれらの違反をあらわにするために持っていた感じがよりない、影響が少ないことを示し、「オバマ氏は付け加えました。

「ロシアの行動は問題です。彼らは米国に数1のセキュリティ脅威をもたらすことはありません。私はマンハッタンでオフに行く核兵器の見通しについて多く心配したまま、 "彼は締めくくりました。

オバマ氏はちょうどオフィスに来たときに2008年には、米国では誰もが認めるリーダーだったとロシアは軍事用語を含め、「二級」国として考えられました。「フライホイール」ときに2014年に、新たな冷戦が回転し始めていた、米国大統領はぶっきらぼうに「地域大国」ロシアと呼ばれます

しかし、オバマ氏は大統領職を去るときに2016年に、それはロシアが軍事能力を強化していることが明らかになった、とでオバマ氏の戦略ウクライナが述べ目標には至っていない:ドンバスとクリミアキエフに戻っていない、ロシア経済はそうではありません台無しにされて、ロシアの政治体制の不安定化は達していません。米国の戦略シリアはまた失敗した-軍事的手段によって、シリア大統領アサドの打倒に問題が既に局所ではありません。一方、ロシアは軍事的、政治的目標の両方を達成することができることを実証し、地域内のプロセスへの影響のレベルを調達しています。

その結果、競合が冷戦の新たな波にエスカレート2014年から2016年に、いずれも外交的、また経済的、また破壊、及びも軍事的手段は、ロシアを倒すために、世界の覇権国として、米国を助けました。

近年では、オバマ氏自身が繰り返し懐疑的ロシアの対外政策と国の可能性について話しました。しかし、最終的には、大統領職を離れる前に、彼は'の役割プレーをすることに決めたキャプテン明白なことをソ連崩壊後のロシアの軍事力の大幅な削減にもかかわらず、復元された軍のポテンシャルの一部でもあることを認め、「ロシアはその状態を保持することを可能にするのは非常に十分な「軍事大国を。」

  54 寄付

 

あなたはこのコンテンツを好きですか?私たちを助けて考えてみましょう!

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 記事のタイト... シリア軍はア... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。