goo

イランはトルコに大使館を訪問しに押し付け

イランはトルコに大使館を訪問しに押し付け

 

アンカラのMNA-ザ・イラン大使館は、ロシア特使アンドレイ・カルロフの暗殺以下大使館への不必要な訪問を避けるためにそれらを促す、イラン国民に警告文を発行しています。

アンカラのイラン大使館は、彼らは午前10時からイスタンブール、トラブゾンとエルズルムの3トルコの都市でイランの領事 館への訪問をすることをお勧めしますイランの国民のための領事を容易にするために「追加、土に声明で発表しました月曜日開始12 PMに、12月26領事サービスは、追って通知があるまで、この期間に限定されていきます。」

大使館はさらに訪問するためにそれらを専門家の意見、述べたもの以外の曜日や時間帯に領事館への訪問を避けるために、イラン国民に呼びかけ大使館のウェブサイト詳細については、を。

リリースには、非番の警察官が「ロシアトルコ人の目を通して」写真展のオープニングでMevlut MERT Altintasという名前の22歳のトルコ人によって行われたトルコアンドレイ・カルロフにロシア大使に先週の武力攻撃の後に来ました。Jabhatファタハ・アル・シャム(旧アル=ヌスラ戦線)が水曜日に殺人の責任を主張しました。

攻撃に続いて、トルコのすべての3つのイラン領事館は、水曜日と木曜日は休館、とだけ金曜日に2時間開いていたました。イラン外務省はまた追って通知があるまでトルコへの不必要な旅行を避けるために、すべてのイランの観光客を専門家の意見、声明を発表しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« プーチン大統... Takfiriテロは... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。