goo

サウジアラビアのイエメン攻撃の死者、8000人以上

2015年3月に始まったサウジアラビアのイエメン攻撃により、これまでに8000人以上が死亡しました。

アルマシーラテレビによりますと、イエメン保健副大臣は、17日月曜、首都サヌアで、「この1年7ヶ月のサウジアラビアによるイエメン攻撃で、8000人以上が死亡、1万9500人が負傷した」と語りました。

同副大臣は、サウジアラビアの戦闘機は民間人を標的にしているとし、「サウジアラビアは意図的に、社会的な集まりや結婚式、葬儀などを狙って爆撃を行っている」と強調しました。

さらに、今月8日のサヌアの葬儀会場に対する攻撃の死者は136人だったとし、「少なくとも615人が負傷したが、重傷者も数多くいるため、死者の数はさらに増えると予想される」と述べました。

イエメン保健省の報告によりますと、この1年7ヶ月のサウジアラビアによる攻撃で、医療施設216軒が全壊、199軒が被害を受け、閉鎖されたとしました。

国連のシェイクアフメド・イエメン特使も、イエメンの停戦は200日木曜から開始されると発表しました。

この停戦期間は72時間で、延長の可能性もあります。

サウジアラビアは、過去に宣言された停戦を破っています。

2016年10月18日17時35分


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 中国、アメリ... 記事のタイト... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。