goo

森友学園の小学校 工事契約書は偽造か 府が告訴・告発も

学 校法人「森友学園」が建設していた小学校について、設計事務所は国の調査に対し、「大阪府に提出されたおよそ7億5000万円の契約書は知らない」と話し ています。一方、契約書にはこの設計事務所の印鑑が押されていたということで、大阪府は、偽造された可能性もあると見て、捜査機関への告訴や告発も検討す ることにしています。

大 阪の学校法人「森友学園」は、豊中市の元の国有地に建設していた小学校について、国におよそ23億8000万円の工事の契約書を提出した一方、大阪府には およそ7億5000万円、大阪空港の運営会社にはおよそ15億5000万円の、金額の異なる契約書を提出していました。
3つの契約書は、契約日や工期などはすべて同じになっていました。

校舎の設計を担当した京都市にある設計事務所は、国土交通省の調査に対し、国に提出された契約書が正しいものだとしたうえで、「大阪府に提出された、およそ7億5000万円の契約書は知らない」と話しています。

一方、大阪府によりますと、府に提出された契約書には、この設計事務所の印鑑が押されていたということです。

大阪府は、契約書が偽造された可能性もあると見て、森友学園の関係者に詳しい説明を求めたうえで、捜査機関への告訴や告発も検討することにしています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 森友学園の幼... 上京 籠池氏... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。