goo

ビデオ:北部ハマでシリア軍SAAリバースアルカイダの利益

ビデオ:北部ハマでシリア軍SAAリバースアルカイダの利益

 14
 
 5 0 
 
 19

先週末、シリア・アラブ軍(SAA)、国防軍(NDF)は、SAAのタイガー軍が主導し、北の北の浜の田舎でMa'ardes村の位置SouranとBizamヒルの戦略的な町を奪還しました。成功した進歩は、地域における大規模な空爆を行いました。50以上の空爆は伝えSouran周りに好戦的な位置を打ちます。したがって、SAAは先月Haya'atタハリールアル・シャム(HTS)とその同盟過激派グループによって行われたすべての利益を逆転し、北の別の過激派の拠点の戦略的M5高速道路に達した - Taibatアル・イマームを。


ビデオ


HTSは、その戦闘機は町の周りSAAタンクを破壊したと主張しました。これとは別に、・ジャイシュアルEzzahと・ジャイシュアル・ナセルは - 40以上のグラッドロケットとハマ空軍基地を砲撃しました。ロケットは、火災の原因となったと管制塔を損傷しました。それにもかかわらず、空軍基地は、まだ動作していると何のジェットが破壊されませんでした。

月曜日に、衝突がTaibatアル・イマームの近くで継続し、政府軍はテルMassinに進みました。Massinを知らせる制御し、SAAとその同盟国は、北Taibatアル・イマームのM5高速道路の一部を確保すると、この方向からHTS本拠地に脅威を与えることができるようになります。シリア軍のコマンドは、地域での事業を継続することを決定した場合、それは2つのオプションがあります:

  1. 最初のオプションはSouranとMaardasの方向からTaibatアルイマームの嵐です。この場合は、SAAとその同盟国は、市内の重く要塞都市部で重い衝突に従事されます。これはおそらく顕著な死傷につながると政府軍が最前線のこの部分ではマンパワー、戦車、装甲車両や火砲の劇的な利点を作成することができない場合は成功につながることはありません。
  2. 別のオプションはBuwaydah、MarkabahとLahayaをつかむしようとする試みに西部方向に前進を開発することです。政 府軍がこれを行うには、地域に定着さすることができる場合、HTSの過激派とTaibatアル・イマーム、Masasnah、Kfairアル・ Taiba、ZORアルHeisaとHalfayaに残っているその同盟国は、彼らの後ろを守ると反発に重大な問題に直面するだろう政府軍の攻撃前。

シリア・アラブ軍(SAA)とHTS主導勢力間の衝突は、北東部のダマスカスでQaboun地区に続けました。SAAは、10の以上の重いロケットで好戦的な位置を標的にして進めるが、任意の成功なしにしようとする試みを行いました。これとは別に、Ahrarアル・シャム戦闘機はそれが重いIEDのように見えるものに見舞われた後にT-72 Shafrahタンクを破壊しました。シリア空軍はJobarとQabounにHTSと・ジャイシュ・アル・イスラム位置を爆撃しました。

これとは別に、シリアの戦闘機がイラクの知性からより多くの情報を受け取った後RaqqahでISIS位置に対する空爆を実施しました。シリア空軍はISIS」Hesbah(宗教警察)とISIS財務省の建物のHQを破壊しました。空爆もRaqqah内部ISISファトワ評議会を破壊しました。二ISIS指揮官が殺されました。そのうちの一つが「アブ・バクル・ビンハビブアル・ハキム」フランス・アルジェリアのテロリストです。彼はRaqqahにおけるISISの軍事指導者として記載されました。

米国主導の照合でサポートされている米国が支援するシリアの民主軍(自衛隊)は、西RaqqahのTabqaのISISの牙城を襲撃しています。自衛隊はすでに、町の西部及びその東部のアル・Eskandaria周辺にAeedアルSaker周辺の制御を取っていました。自衛隊の戦闘機は伝え2 VBIEDsを破壊し、町内の衝突で30人のISISのメンバーまで殺しました。

自衛隊も北部Raqqah田舎でKabash Ghribiの村を捕獲しました。Kabash Ghribiグループは、Al線水路をcroossedた後SDFにより取り込まれた第2村でした。

あなたがことができるしている、とあなたが私たちのコンテンツやアプローチが好きなら、プロジェクトをサポートしてくださいます。私たちの仕事は、あなたの助けなしには不可能であろう:ペイパル:southfront@list.ruまたは経由:http://southfront.org/donate/または経由:  https://www.patreon.com/southfront

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« トランプ、何... ロシアPM:シ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。