goo

シリア政府、イラクの援軍は、今後の攻撃のための南東ダマスカスに達します

シリア政府、イラクの援軍は、今後の攻撃のための南東ダマスカスに達します

0
 

ベイルート(7:55) - 親政府国防軍(NDF)とそのイラクの準軍事同盟国からの援軍は、イラク国境近くBadiyaエリアをキャプチャするために攻撃に参加する最後の夜ダマスカスの南東田舎に到着しました-crossing。

彼らのイラク同盟国がKata'ebイマームアル'AliとKata'ebヒズボラから戦闘員を派遣しながら、国防軍は、ダマスカス庁舎内のローカル偶発から戦闘機で構成されていました。

彼らは政府が南東シリアの首都のこの広大な砂漠の風景を取り戻すために見えるように、これらの戦闘機の数百人は、数日中に自由シリア軍(FSA)を戦うために、フロントラインを展開されます。

広告

このエリアに達し、政府の援軍の報告書の中で、米英軍はTANF国境通過を通じて南部のシリアに入りました。彼らはデリゾールの攻勢に自由シリア軍を支援しています。

この記事を共有します:
  • 37
  • 1
  • 1
  • 39
    株式
ALSO READ   シリアデエスカレーションゾーンが安定したまま:ロシアDMを
 
 
編集長 近東総務・経済学を専門としています。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« エクアドルは... 陸軍は、多く... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。