goo

元メンバーは、ビデオの白いヘルメット製作、シリアでの禁止化学物質の所持を認めます

元メンバーは、ビデオの白いヘルメット製作、シリアでの禁止化学物質の所持を認めます

2017年5月14日17時20
 

 

元ホワイトヘルメットの仲間ワリドヒンディー語は、彼が東のアレッポで悪名高いグループで働いていた時間の間に、トルコのテレビと共同で作成し、写真やビデオ素材を製造する際に彼の関与を認めました。

グループは、東アレッポの解放処理中に、シリア軍の残虐行為疑惑の偽の動画を用意しました。

彼の告白では、土曜日の夜にシリア国立テレビで放送、ヒンディー語は、3年間の白いヘルメットで働いているために入院し、お金のかなり巨額を受け取った、の大部分は、ペルシャ湾岸諸国から提供されました。

彼はまた、「残虐行為」の撮影が行われるだろう方法を説明しました。

例えば、彼らは空爆シーンを上演したいときは、撮影クルーはサイレンを解雇でしょうし、俳優が、その後すぐに現場に駆けつけるだろう。その直後、イベントのライブストリーミングは、民間人を標的に、さらに別の空爆を実施するシリア軍を非難、開始します。ヒンディー語は、彼はより多くのちょうど何度もビデオを製作に参加したと述べました。

ヒンディー語によると、これらのビデオを上演「指示」の責任者の主は、モハマド・アルサイードがメインカメラマンであることと、イブラヒム・アルメッカ巡礼ました。

また、イマド・アブドゥル・ジャワドという名前の別の元仲間が「私の上司は、と呼 ばれるものを含む、ガードとしての私の仕事のシフトの間、私は一度バレルの束を転送するように頼まれた「と言って、アレッポでテロリストによって化学物質 の目撃所有権を持つことを認めた洗剤と粉末洗剤」。

「私はAmariyaの地区にアルSukkariyehの地区から材料を移すことになっていた、」と彼は付け加えました。

彼はその後、1つの機会に、コンテンツをアンロードし終えた後、彼は制服、銀マスクや保護ブーツを身に着けている人を見て、彼はちょうど品物を運んでいたことを指摘し、彼のタスクは、建物の入り口に品物をアンロードするために、基本的だったと説明しました地下室に運ば。

ある時、ジャワドは近づくことに成功し、彼は人々バレルを開き、ガスボンベのように見えたものに自分のコンテンツを注ぐ、内容は洗濯粉や洗剤のようなものを見ていないことを追加しました。彼はなく悪臭を有するように、バレルの外に注がれていた液体を、説明しました。彼の上司は、彼が手順を見ているに気づいたとき、彼はすぐに却下されました。

外交筋やシリアのためにロシアの和解センターは偽物となっている東イドリブで民間人への攻撃を行うのシリア軍部隊を非難したビデオクリップを証明今月初めの秘密を開示しました。

匿名を要求した外交筋は、シリアの民間人に対する化学兵器攻撃の最新映像が最近撮影し、ヨーロッパの国から注文するように見えていたことスプートニクに語りました。

その間、ロシアの和解センターは、地域住民や野党の地層の中で多数のソースからの情報によると、」、言った...特殊な 『映像旅団』の使用を含む、疑惑の砲撃の結果と空爆の過去の週に撮影段階的に行います「有毒物質」。」

センターは、旅団の「コンサルタント」のいくつかは、アルジャジーラチャネルのために地域のニュースを撮影カメラマンとして地元の人々によって認識されたと付け加えました。

それは、このような報告書が出て初めてではありません。5 月2日、アル・Mayadeenの放送局は、アラブの衛星チャンネルの一つを伴う白いヘルメット活動家のグループは、伝えられるところでは、化学物質の影 響を描いた段階的な動画を撮影するためにシリアにイドリブ近くのエリアに到着したことを地元の情報源と目撃者を引用し、報告しました攻撃。

しかし、人権のためのスウェーデンの医師(SWEDHR)非政府組織は、白ヘルメットによって公開された動画に示す「救命」の手順は、偽間違っていると、「最終的には死んだ子に対して実行することを述べ、それ以前の年の報告書を発行しました。」

4月4日、シリアのイドリブ県の化学兵器の事件は、いくつかの80人の命を奪った、追加の200人の民間人に被害を与えました。ダマスカスは、これらの主張を反論しながら、革命と野党軍のシリア国民連合だけでなく、西側諸国の数は、シリア軍の源は軍が化学物質を有していなかったというスプートニクを伝えると、攻撃を行うシリア政府軍を非難しました兵器。

あなたは好むかもしれません

VIDEO:シリア軍が誤ってデリゾール戦争ゾーンに閉じ込められた住民に代わり、緊

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 米国政府が金... シリア:より... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。