goo

ヒズボラリーダー:アラブ諸国はパレスチナ人よりシリアの過激派へのより多くのサポートを与えます

 
  • 若者はレバノンを見て

    若者はシドンの港湾都市におけるエレクトロニクス店内のテレビで言えば、レバノンのヒズボラの指導者ナスララマウラヴィハッサンを監視します。| 写真:ロイター

 
ナスララはまた、過激派グループをブラストと戦うために世界中のイスラム教徒に呼びかけ「takfirisを。」

リーダーはレバノンの抵抗運動ヒズボラは、これらがはるかに国家としての地位のために戦って、パレスチナ人に与えられた支援を上回っていると言って、シリアの反政府武装勢力に与えられたサポートのための地域のアラブ諸国を呼ばれます。

関連:
レバノン最後に社長を持って、彼はヒズボラアリーです

「過去6年間でシリアの武装勢力にアラブ諸国が提供するサポートは、60年にパレスチナ人に与えられる援助のレベルを超えて、「ハッサン・ナスララは、ベイルートのレバノンの首都からのビデオリンクを介して支持者に語りました。

ヒズボラは、主にアルカイダ傘下のアルヌスラ含むシリアで最も過激な要素を戦って、レバノンのグループが伝えられる1500戦闘機まで失ってしまった2012年以来、反政府武装勢力に対するその戦いでアサドのシリア政府を支援してきました。

ナスララはまた、過激派グループをブラストと戦うために世界中のイスラム教徒に呼びかけ「takfirisを。」

 

「私たちの宗教と私たちの預言者ムハンマドが大幅に最後の年以内に虐待されています。Takfirisは、彼らがこの宗教と、この預言者の名の下に自分の罪を犯しているので、私たちの宗教と私たちの預言者を悪用されてきた人々です。Takfiris「残虐行為は人道、文化的レベルでの実大虐殺であり、「ナスララは言いました。

ナスララのアドレスは、シリア軍が完了日後に来るアレッポの避難を国を荒廃した残忍な、6年にわたる戦争で大きな転機をシグナリング。

関連:
シリアのヒズボラ:デイリービーストは再度打ちます

ヒズボラ事務総長は、シリア政府軍が東部アレッポから過激派の避難を許可しながら、野党の戦闘機は彼らの支配地域から無料で民間人に同意していないと述べました。

「テロリストグループは援助がシリアの民間人に到達できるようにするには、単一の契約を承認していない、「ナスララは言いました。

ここ数カ月の間にもヒズボラの同盟国として見られている社長ミシェル・アウンを新たに鋳造母国レバノンの政治運動のための進歩を見てきました。

アサド政権軍によるアレッポの再利用に続いて、注意が紛争中の継続的な存在と外国軍の関与になっている、とレバノンの抵抗運動は、シリアの自己決意を尊重する立場を維持しています。

「シリアの将来はシリア自分で決定しなければならない、「ナスララは指摘しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 新しいデータ... アレッポ勝利... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。