goo

Arsalに難民キャンプ内の自爆テロで負傷いくつかのレバノン兵士

2017年6月30日4時38分

Arsalに難民キャンプ内の自爆テロで負傷いくつかのレバノン兵士
テヘラン(FNA) - オリエンテーションのレバノン軍コマンドの総局は7人の兵士がArsalでヌールシリア難民キャンプでの自爆テロで負傷されていることを金曜日の声明で述べています。

「軍の力がArsalの町のアル・ヌールシリア難民キャンプを検索している間に金曜日の夜明け、自爆テロ犯は、自分自身を殺し、3人の兵士が負傷し、パトロールの目の前で爆発的なベルトで自分自身を爆破した」軍の声明は言った、NNAが報じました。

声明はさらに、軍の力は軍事専門家によって爆発させた4つの爆発装置を、押収したと述べました。

別の軍の力が地域のシリア難民キャンプを検査している間一方、テロリストの一つは、軍事的に傷害を起こすことなく、爆発的なベルトで自分を爆破しました。別のテロリストは、パトロールで手榴弾を投げ、軽く4人の兵士が負傷しました。

「一方、陸軍ユニットは彼らの襲撃や他のテロリスト、武器、爆発物の検索を続け、」軍は強調しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« UNHCR:2017年... アフガニスタ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。