goo

ロシア FMの 広報担当者は 逆襲 バック で 米国 特使 に 国連 にわたり コメント に シリア

ロシア外務省のスポークスマンマリアZakharovaによってブリーフィング

ロシア FMの 広報担当者は 逆襲 バック で 米国 特使 に 国連 にわたり コメント に シリア

2016年9月18日(更新午後03時40 2016年9月18日)

3891140 ロシア外務省のスポークスマンマリアZakharovaは、人々は戦争で荒廃した国に存続し、「恥」が本当に何であるか実現されたかを確認するためにシリアに行くためにアメリカの国連特使サマンサ・パワーを助言しました。


©AP写真/モハメドMUHEISEN ロシア国防省:反乱軍は停戦に違反続行として米国は、シリアの状況を制御しません


サマンサ・パワーは、以前のロシア外務省のスポークスマンは空爆米国がDaeshを助けるために試みることに加担したことを示したことを示唆している文を発行するための "恥ずかしい"であることを言っていました。

彼女にFacebookページ、Zakharovaは代わりにと肩をこするのことを書いたアル=ヌスラ戦線のテロリストやシリア、いわゆる「中程度反対」、電力はほぼ6年にもかかわらず、「まだ生きている普通のシリア人を満たすためにそこに行く必要があります-old流血の実験は、ワシントンの積極的な参加でそれらに上演されています。」

Zakharovaは彼女が定期的に休み、ロシアで治療を受ける、とジャーナリストとに来て孤児、で、シリアの野党のメンバーと通信してきたと付け加えました。彼女がシリアに旅行するパワーを招待し、さらには旅行のために支払うことを約束しました。

"何も怖くない。あなたの側で私と一緒に、誰もあなたを傷つけるしません。あなたは覚えておくべき事がありますと、以外にも、あなたは「恥」は何を意味するのかを学習する機会を持つことになります」と彼女は書いています。



先に土曜日にシリアに関する国連安全保障理事会の協議のといえば、サマンサ・パワーはそれを言った: "ロシアの広報担当者、私は信じて、出てきて、私たちが加担したことを何らかの形で考えて、私たちもISIL [Daesh]保護しようとしていたこと。本当に?アメリカ市民はこのグループによって斬首されました。我々は、このグループを破壊する67カ国の連合をリードしています。ISILは、その領土の40%を失いました。これは私たちにとって深刻です。それはゲームではありません。本当に共犯を示唆している広報担当者は当惑する必要があります。」


©スプートニク/マイケルアラエッディン ロシアの国連特使 - 米国は、おそらくそれはシリアでコントロールを失っているという事実を隠そうとし


以前、ロシア国防省は62シリアの兵士が死亡したと2つのF-16戦闘機と米国主導の連合軍からA10地上攻撃機のペアがDaesh-囲まれた政府で三振とき、ほぼ100人が負傷したことを声明で述べています東部シリアの単位。


米軍当局者は、シリア政府軍に対する主要なDaesh攻勢のために道を開いたシリア軍の位置に対する爆撃攻撃の責任を認めたが、攻撃が目的のターゲットがあると事故だったと主張しDaeshテロリスト。

7 ... 14 0 関連: ロシア国防省:米国はシリアの反政府勢力「停戦違反なか義務を履行するために失敗します Churkin - 米国は、おそらくそれはシリアでコントロールを失っているという事実を隠そうとし タグ: テロリスト、広報担当者、責任、空爆、F-16、A-10イボイノシシ、Daesh、国連安全保障理事会、ロシア外務省、アル=ヌスラ戦線、ロシア国防省、マリアZakharova、サマンサ・パワー、ロシア コミュニティ規格ディスカッション

Read more: https://sputniknews.com/russia/20160918/1045434084/russia-us-spokeswoman.html

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア - CIA... ワシントンは... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。