goo

シリアで10000以上の過激派が武器を引き渡し、平和な生活にかえされる

シリアで10000以上の過激派が武器を引き渡し、平和な生活にかえされる

Mhin、シリアの町の近くシリア・アラブ軍(SAA)の機関銃を持つトラック上のシリアの旗

2016年10月13日) 短いURLを取得

10,000以上の過激派は、武器を置いており、そのうちのいくつかはシリア軍に入隊し、和解のための国の大臣はスプートニクに語りました。

モスクワ(スプートニク) -シリア武装勢力の1万人以上が自分の武器を放棄しており、それらのいくつかはシリア軍の隊列に合流して、紛争の初めから戻って平和な生活に戻った、シリアの和解大臣アリハイダーは木曜日にスプートニクに語りました。

「今、私たちは紛争の初めから和解のプロセスを経て1万人以上の人[元過激派]について話すことができる、と彼らはそれらの一部はシリア軍に参加しました。

平和な生活に戻ってきた、「大臣は語りました。

いくつかのシリアの過激派だけロシアの仲介の下で平和会談に同意します 一部の過激派がHmeymim空軍基地でシリアの和解のためのロシア中央以外の任意の相手と通信することを拒否としてロシアは、シリアで進行中の和解の仕事で非常に重要な役割を果たし、ハイダーはスプートニクに語りました。

「彼らは過激派と通信するための優れた能力を持っているので、当然のことながら、ロシアの役割は、非常に重要です。

一部の過激派たちと話をし、ロシアだけと通信することに同意することを拒否し、それは非常に参考にされている、「ハイダーは言いました。

野党の派閥や、Daeshやアルカイダなどイスラム教徒のテロリストグループがリンクされているとシリアは、2011年以来、内戦に陥ってきたアル=ヌスラ戦線シリア軍と戦って、今Jabhatファタハアルシャムとして知られているが、。

両機関は、ロシアを含め、世界の多くの国で禁止されています。

Read more: https://sputniknews.com/middleeast/201610131046297229-syria-rebels-reconciliation/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 「アレッポ撤... アグレッサー... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。