goo

シリア陸軍、ヒズボラ、アルカイダの国境侵入

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

ベイルート、レバノン(6:45 AM) - アルカイダ連合のヘイアット・タフリール・アル=シャムジハード主義連盟は、水曜日、レバノンのアルサール市からシリア国境に侵入し、シリアのアラブ軍との激しい戦闘を招いた)とJaroud Faleetaの近くのHezbollah。

ダマスカスのある情報筋によると、シリアのアラブ軍とヒズボラは、昨夜、Jaroud Faleetaの近くのHay'at Tahrir Al-Shamから5人以上の武装勢力を殺して傷つけた。

情報源は、シリアのアラブ軍とヒズボラもまた、戦闘機のコルネットミサイルで機銃銃を破壊したと付け加えた。

 

Hay'at Tahrir Al-Shamは最近、Jaroud Faleetaでの存在を繰り返し確立しようと試みました。しかし、シリアのアラブ軍とヘスボラ軍があまりにも強くなったため、彼らは繰り返し失敗した。

 
この記事を共有する:
 
 
また、  トルコ軍はクルド人と戦うために北アレッポに到着
 
準東 アジアと経済を専門とする編集長
 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 専門家:新シ... 米上院議員:... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。