goo

ロシア保健省 アルコール摂取量の基準値を算出

ロシア保健省 アルコール摂取量の基準値を算出

06月16日 03:25短縮 URL

0 10 0 0

 (。・ω・)ノ゙ 飲もう、飲もう

ロシア保健省・予防医学研究センターは、男性および女性の1日あたりのアルコール摂取量の基準値を算出した。イズヴェスチヤ紙が報じた。

スプートニク日本

専門家らは、ウォッカ、コニャック、ウイスキー、シャンパン、カクテル、ビール、ドライワイン、酒精強化ワインの摂取量を計算した。

結果、男性は、アルコール度数4.5度のビールを1週間に3日1.5リットルずつ、あるいは酒精強化ワインを1週間に1本、またはショットグラス1杯のウォッカを1日に2回飲むことが可能。この量であれば、健康リスクは低いレベルに抑えられるという。

女性は、1日にアルコール度数13度のドライワイン100mlを2杯、あるいは150mlのシャンパンを1杯、またはウォッカをショットグラス1杯を飲むことが可能。この量を超えると健康リスクが高まる。

なお摂取量の分類やリスクの割合設定では、世界保健機関(WHO)の勧告が用いられた。

先の報道によると、グリニッジ大学の学者たちが、ビールの特性とその人体への影響を分析した。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  東南アジアと... 手のない射撃... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。