goo

ロシアはシリア空襲を説明させるためにイスラエル大使を召喚します

ロシアはシリア空襲を説明するためにイスラエル大使を召喚します

第二の事件はプロアサド戦闘機を殺すようモスクワはシリア政権軍と火のイスラエルの交換懸念を提起します

 

イスラエルの無人機が非難されたとして、ロシアはシリアのイスラエルの空襲先週の説明を要求するイスラエル大使を召喚し、モスクワは、確認した第二の報告事件の上級プロアサド戦闘機の標的殺害のために。

金曜日に行わ召喚状は、モスクワへのイスラエル大使、ゲイリー・コレンは、シリア政府軍と火の交換を説明するように頼まれていたと述べ、ロシアの外務省によって確認された対空ミサイルがイスラエルのジェット機で焼成されたし。

イスラエルのチャンネル2によると、イスラエルのストライキは、ロシア軍の近くにヒット。

ロシアの外務次官、ミハイル・ボグダノフは、言ったロシアは「懸念を表明」していました。外交介入はロシア大統領、プーチン、およびイスラエル首相、ネタニヤフ、どこを超える、とイスラエルのジェット機がシリアに打つことができるとの間に秘密主義deconfliction配置の最初の明白な骨折をマーク。

イスラエルは倉庫やヒズボラ、イラン担保およびプロアサドレバノン武装グループ宛ての高度な兵器の出荷を攻撃するためにそれを比較的フリーハンドを与えるような構成を解釈していました。しかし、報告によると、シリアの領空に侵入し4イスラエルのジェットによって金曜日の襲撃は、に飛んだSA-5ミサイルの迎撃後、そのダイナミックに変化しているように思われるイスラエル確認するために6年間シリアの内戦で最初にそれを強制的に攻撃。

イスラエルのジェット機に対する対空ミサイルのシリアの使用は、しかし、イスラエルによって同様の空襲の数を見ているアサド政権、中に増加した自信を示唆しました。国連シリア大使、バシャール・アル・Jaafariは、日曜日にシリアの応答が「イスラエルのテロリストの操作に沿って」であったと主張し、「ゲームのルールを変えていました」。

モスクワへのイスラエル大使、ゲイリー・コレン。写真:ミハイルPochuyev / TASS

イスラエルの北部国境に緊張の急激な上昇は、強硬国防相、アヴィグドール・リーベルマンで、シニアイスラエルの政治的・軍事当局によって増加レトリックをもたらしたイスラエルがシリアの防空システムを「破壊」することを躊躇しないだろうと警告し、それはイスラエルに発行した場合再びジェット。

イスラエルはまた、プロアサド国土防衛軍民兵のリーダーとして記載男、ヤセル・マウラヴィを、殺したクネイトラの南西シリアの町の近くドローンのストライキのために日曜日に非難されました。

先週のイベントについてコメントし、スタッフのイスラエル軍のチーフ、ジェンGadi氏Eisenkotは、日曜日に空爆に言及しました。

「我々はヒズボラへの高度な兵器の移転を防止する措置を取っている、と我々は将来的にそれを防止するための努力を惜しまないでしょう。ヒズボラは国連決議に違反しており、戦争のために準備を進めている」と彼は言いました。

最近のレトリックの外では、しかし、どのような高速数カ月で新興してきたことは、イスラエルがひどくシリア戦争の潜在的な結果を誤解しているかもしれないということです。

それは真剣に、アサド政権を弱体化させるヒズボラを巻かれ、その影響力を拡大するイランの試みを押し戻すことになるの競合を予想していました。しかし、モスクワの介入以来、アサド軍とヒズボラはイランがレバノンの武装勢力に武器を供給するための条件より助長作成、反政府勢力やイスラム国から領土をバックツメガエルています。

ブリークジェンNitzan Nuriel、イスラエルの首相の局におけるテロ対策の元ディレクターは、グループはこれまで以上に高度な対空ミサイル、大量のロケットや戦術的な武器を 求めたとして、ヒズボラとの競合が避けられないと言ったが、彼はアサドが真剣に読み違えていたと考えられて状況。

「アサドが正しくマップを読んでいなかった"と彼は言いました。「彼は完全な勝利を宣言することができますし、次の段階に見ている前に、それは数週間または数ヶ月の唯一の問題であると考えています。私は彼が間違っているとにおける衝突と信じてシリアが今後3〜6年のために私たちと一緒になります。」

シリアにおけるロシアの役割を議論し、彼はより多くの論争を追加しました: "。ロシアはそれがイスラエルから受信する必要があるメッセージを持って」であったことを、彼は言った:「イスラエルはロシアを含む誰もが、私たちの軍事 任務を実装する方法で取得することはできません。 「

トピック

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 軍スポークス... 国連はイエメ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。