goo

ウェストバンクレイド中にイスラエル軍は殺すパレスチナ

 

ウェストバンクレイド中にイスラエル軍は殺すパレスチナ

ウェストバンクレイド中にイスラエル軍キルパレスチナ
ウェストバンクレイド中にイスラエル軍キルパレスチナ
衝突がラマラの占有西岸の都市でイスラエル軍とパレスチナ人の若者の間で勃発したとして、若いパレスチナ人が殺されました。

イスラエル軍は月曜日の早い時間に中央ラマラでQaddura難民キャンプを襲撃し、そこに若者で催涙ガスや実弾を発射し、アル・アクサの衛星テレビは言いました。

TVチャンネルは、被害者がラマラの自宅でイスラエル軍によって射殺されたことを言うようにパレスチナのソースを引用しました。若い男の家の写真は、血液の痕跡を示す、解放されました。

イスラエルのメディアは、しかし、彼は彼らに発砲した後に兵士がパレスチナ人を殺したと主張しました。

いくつかの他の人が催涙ガス吸入の症状に苦しんでいる間、イスラエル兵士が実弾を発射した際にアル・アクサによると、二人の若いパレスチナ人が負傷しました。

緊張はイスラエルが東エルサレムアル・クドゥスでアル・アクサ・モスクの化合物へのパレスチナの崇拝者のエントリに制限を課した2015年8月以来、占領パレスチナ地域を揺るがしています。

緊張がエスカレート時の周りの285人のパレスチナ人は、その年10月の初めからイスラエル軍の手で命を失っています。

 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« クドゥスに米... エジプトから... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。