goo

ロシアはブシェール原子力発電所のための機器を生産開始します

ヴァレリーLimarenko、JSCアトムストロイエクスポルト(JSC ASE)のJSC NIAEP、持ち株会社の社長は、ロシアはイランのブシェール原子力発電所の新しい原子炉の建設のために必要な機器の生産を開始したことを明らかにしました。

「溶融定位装置の製造のための契約は、第二及び第三のNPP反応器、いわゆるコアキャッチャーは、既に署名されています。また、メーカーはすでにこの複雑な装置を生産するために開始した、」スプートニクはIXth国際フォーラムATOMEXPO 2017での発言としてLimarenkoを引用しました。

彼は、機械室のための機器の納入の契約も締結したと付け加えました。

Limarenkoまた、ブシェール原子力発電所の蒸気発生器と技術的プロセス制御の自動化システムを購入するの問題は議題にもあると述べました。

「これはアトムストロイエクスポルトの専門家の多数を含むことが困難と詳細な作業であり、主な目的は、その時点で機器を提供することです。このようなアプローチは、機器が設置エリアに直接配信されるように、工事の期間を短縮できるようになります」と彼は言いました。

テヘランは、2016年12月にロシアにブシェール工場の第二段階の建物の資金を調達するための最初のトランシェを移しました。

ロシアの国営原子力企業ロスアトムによると、ブシェール-2プロジェクトの下で建設及び設置工事は2017年3月14日に始まりました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« リーダー:イ... イランのイラ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。