goo

シリア政府は浜中のテロとの戦いで新たな利益を上げる

2017年7月28日金3:56

(/・ω・)/ゴーゴーシリア軍

 
シリア政府は浜中のテロとの戦いで新たな利益を上げる
 
テヘラン(FNA) - ロシア空軍に支援された国防軍(NDF)と一緒にシリア陸軍兵士はイスラエルの東部でISILに向かって前進した。

陸軍とその同盟国はISILの防御線を襲い、ISILが保有するアル・ダキラ・アル・シャマリヤの郊外に達し、政府支配のアル・サブボラの町の東に新しい地位と丘陵地帯を解放した。

さらに、イスラムを地域から追放するための差し迫った攻撃に参加するため、多くの親政府補佐部隊がイスラエルの浜辺に到着しました。

軍事筋によると、ISILが保有している町は、治安部隊が射撃を開始して以来、すぐにシリア軍にテロリスト集団から引き渡される予定です。

その間、ダマスカスとバディエア・アル・シャム地域の立場から、かなりの数の民主的な補佐部隊が東部の浜に再配備された。

また、報告書によると、反政府勢力は、過激派グループの地方の要塞を隔離して、戦闘員を東方に降伏させたり逃げさせたりする計画だという。

ロシアとシリアの戦闘機が、アル・カスタル、アル・ハヌート、ジャロウ、アブ・アル・ファシャフィッシュ、アル・ローウィーザ、アブ・ハナヤ、アブ・ハビラート、カリブ・アル・サール、アル・ダキライ、アル・ハードネ、マサデ、アル・マキマン、ジェニ・アル・アブラバウィが多数のテロリストを殺害し、軍事的地位や装備を破壊した。

一方、シリア軍は、イスラエルのイスリヤ・ラサファ道路に侵入しようとしていた東イスリヤのアル・ザキヤ(Al-Zakiya)ジャンク屋でISILテロリスト群の全武装者を殺害した。

また、軍隊は、アル・ヌスラのテロリストによるカニフィスの町の近くのサラミヤ・ホムス道路への道を開き、彼らを押し戻そうとする試みを断った。

多くのテロリストがシリア兵との衝突で殺害され、負傷し、軍事用装備も破壊された。

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« イスラエルの... シリア軍はホ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。