goo

陸軍が殺害したISILのDeir Ezzur空港作戦のサウジ司令官

2017年7月9日、6:2
 
陸軍が殺害したISILのDeir Ezzur空港作戦のサウジ司令官
 
(/・ω・)/ サウジの王族はテロリストだ、シリア軍ゴーゴー、やっちまえーー
 
 
テヘラン(FNA) - シリア陸軍と空軍は、ISILの空港作業のサウジ司令官を含む多くのテロリストを殺害し、Deir Ezzurの東部の都市およびその周辺でISILのポジションを狙った。

軍隊の砲兵部隊とミサイル部隊は、カザラット、アル・カナマット、アル・オマル、ディア・エズール空軍基地、アル・マカベール(墓地)地域、パノラマ基地、アル=ヒューワカ(Huweiqa)通路、アル・バガリエ、サフレア・タタニ、アル・ホセイニエ、アルブレイル、アル・ムハッサンの町で、空港作業のサウジ司令官であるアブダハネ・アル・カメディ、およびカレド・アイド・アル・バルジスを含むいくつかのテロリストを殺害した、アル・ムハッサンの町のISIL司令官。

東シリアからの報告によると、イスラエルのテロリスト団体は、シリア軍がデイ・エズールに向かって東部のホムスのバディエ(砂漠)の深さが急速に進んだ後、自らの運命を懸念している。

情報筋によると、最近バディエイでISILとの軍隊による急速な進歩が起こった後、Deir EzzurのISILのフロントは困惑しているようだ。

情報筋によると、同テロリストグループは、住民たちに、Deir Ezzur東部のal-MayadeenとSabikhanの町のいくつかの近所と通りに新しいバンカーとチェックポイントを建設するよう強制した。

情報源はまた、Albu Kamalの町の近くのAl-Katf地域の居住者がISILとの重い戦いに従事し、3人を殺して車両の1つに火をつけると付け加えた。

他の情報源によると、軍の砲兵部隊は、Deir Ezzurの軍事空港、Al-Huweiqa通路、Wadi al-Thardah、およびAl-Baqaliyehの村の近くで、ISILの位置に重い砲撃攻撃を開始したと報告された。

一方、シリア空軍はパノラマ地域、西の連隊137基地、水資源、アル・カナマット通路、アル・バガリエ村などのISILの地位を爆破し、テロリストの大きな損失をもたらした。    

  

 

 
 
 
 
 
2017年7月9日10:49
 
シリア軍、アル・タバカ軍事空港に近づく
 
テヘラン(FNA) - シリア陸軍は、空軍の支援を受けて、西ラクカのISILの防衛線に続き、クルドが率いるシリア民主軍の支配下にあるアルタバカ基地に近づいた自衛隊の軍事力は日曜日に発表された。

筋によると、陸軍の男性は、ISILとの新たな衝突に巻き込まれ、自衛隊が保有するアル・タバカの空軍基地に近づくことができたという。

その間、軍用機は、Khirbet al-Haloul村とBeir Abu Kobra村南部のAl-Fahdi発電所の東と南方向のISILの位置と動きを繰り返し襲撃したベイル・アブ・コブラの南西部のISIL南西部、アル・ファヒ発電所、アル・ザムレの村など数多くのテロリストを殺害したアル・ザムレ村。

情報筋はさらに、戦争被害国の南部と東部での軍隊の最近の進歩が、シリアで米国のプロットを大幅に縮小したと述べた。

野生のタイガー軍は西アレッポのハナッサー平原の解放に伴って一週間の休息をとって西ラクカで新たな反ISIL攻撃を準備していたとの報道によると、

情報筋によると、タイガー軍は、ラクカ州の西側の田舎に戻り、そこでISILに対して新たな操業を開始する予定だった。

情報筋によると、今後の操業の主な目的は、多くのガスと油田に囲まれたISILの拠点である東部のホムスにあるアル・スクナの町を奪取することだと付け加えた。

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア軍は東... テロリストが... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。