goo

凍結状態のパリでホームレス難民の毛布を盗む警察:レポート

午前9時:2017年2月12日1日
難民は、大通りにフランステッレD'asile NGOの難民受信プラットフォームの前でキュー・デ・ラ・ヴィレット、パリ北部、1月26日に、2017年(AFPによる写真)
難民は、大通りにフランステッレD'asile NGOの難民受信プラットフォームの前でキュー・デ・ラ・ヴィレット、パリ北部、1月26日に、2017年(AFPによる写真)

フランスの警察はパリの条件を凍結に睡眠を余儀なくされている難民から毛布や寝袋を盗んでいる、報告書は述べています。

発行された排他的なレポートによると独立した土曜日に、フランスの首都の警察はまた、町の外にそれらを強制的に「激しく」男性、女性、子供難民に催涙ガスを使用しています。

いくつかのエリトリア家族が役員はで自分の毛布を取りながら、警察は「フランスから抜け出す」ために彼らに言ったことを言ったひどい温度が-7℃未満に達すると、気象条件。

「我々はあったが、我々は人々の持ち物を取って警察を目撃-夜にいくつかを、昼間のいくつか-それは非常に目に見える現象だが、「難民の権利データプロジェクト、ナタリー・スタントンの副所長は語りました。彼女は、フランス政府が路上で寝て避難所のみんなに計画を発表したのと同じ夜に追加されました。

報告書によると、難民の約3分の2が、彼らは警察による夜中に目が覚めると、移転を余儀なくされたと述べたインタビュー。インタビューそれらの約半分は、暴力的なものとして事件を報告しました。

One中年男が、警察は彼が20日間入院を余儀なくされたことを一生懸命に彼を蹴ったと述べました。他のいくつかは、彼らがすぐに従わなかったとき、警察が彼らに対して催涙ガスを使用したことを言いました。「我々は彼らに質問するか、私たちは行き場がないと言うなら、彼らは催涙ガスを引き出す、「アフガン難民は言いました。

難民は、大通りにフランステッレD'asile NGOの難民受信プラットフォームの前でキュー・デ・ラ・ヴィレット、パリ北部1月26日に、2017年(AFPによる写真)

「一部の人々はそれだけで別の問題だという彼らの旅の間に、このような恐ろしい経験をした、「スタントンは、難民のほとんどは、彼らがフランスで受けた治療により、「ショックを受け」たことを指摘しました。「彼らは、睡眠への安全などこかを持っているだろうと考えました」と彼女は付け加えました。

340以上の難民や人々彼らの国での戦争によって変位 - パリのラ・シャペル地区の路上での滞在は - レポートのためにインタビューを行いました。ほとんどのアフガニスタン出身、残りは主にアフリカ諸国からのものでした。

続きを読む:

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 米国、サウジ... 警察が黒人の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。