goo

永続的な平和のためのシリア希望の煌き」に関するロシア・トルコ・イランの協議 - 議員

イラン、ロシア&トルコのFM間の三極会合

永続的な平和のためのシリア希望の煌き」に関するロシア・トルコ・イランの協議 - 議員

 

スプートニク -協力のロシア・トルコ・イランフォーマットはシリア危機の決済のための希望を提供し、戦争で荒廃した国の領土保全と主権を維持し、Ozturkユルマズ、共和人民党(CHP)の対外関係を担当する副議長は、言いました水曜日にスプートニク。

モスクワ(スプートニク) - 火曜日、ロシア、イラン、トルコの外交・国防大臣は、アレッポを含め、シリアの状況を議論するためにモスクワで会いました。彼らは国の紛争を終わらせるために政治的プロセスの復活に共同声明に合意しました。文書は、シリアの主権、独立と領土保全を尊重することの重要性を強調しました。

「まず第一に、これは内戦のように多くの年後の重要な開発です。今、私たちは、シリア危機と内戦の解決のために希望のかすかな光を見ることができます。そ れは党の会議が...これは形式を変更しているシリアの領土保全と主権のために一緒に働くとテロとの闘いについての結果を持っていることは非常に重要であ る...そして、我々は領土保全の予約に、領土の保全のための希望を持っているし、シリアの主権、「ユルマズは言いました。

イルマズによると、シリアの政権交代が危機決済の条件ではない、ロシアトルコとイランの閣僚の合意は、シリアでの紛争のすべての当事者がうまくするために一緒に来る可能性があることを意味良いの開発であり、講演や可能な和平協定への道。

2011年以来、シリアは、いわゆるアラブの春の一環として、暴力的になっていた抗議以下、内戦に包まれています。ここ数ヶ月にわたり、アレッポはシリアの主要な戦場となりました。12月16日、シリアの和解のためのロシア国防省の中心は、シリア軍の動作はアレッポの東部地区が終わった解放すること、およびシリア政府軍が過激派の抵抗の別々の温床をなくすたと述べました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« エジプトは偽... シリアの政治... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。