goo

シリア中部のロシア兵士を殺害するモルドなモルタル攻撃

Wed Jul 12、2017 12:28 PM
2016年5月5日、シリアの古代シリアのパルミラ市では、ロシア軍兵士が自らの乗り物を軍備収容所で見ることができます。
2016年5月5日、シリアの古代シリアのパルミラ市では、ロシア軍兵士が自らの乗り物を軍備収容所で見ることができます。

ロシアの国防省は、外相が支援したタクフリ武装勢力が、シリアの西中央部のハマでモルタル攻撃を開始した後、その軍人の一人が命を失ったと語った。

同省は声明の中で、ニコライ大佐元首相がシリア軍兵士を訓練している軍事指導者の一員であったことを指摘し、

ロシアは2015年9月以来、シリア政府に軍事援助を行っている。

空襲と援助の形での軍事援助は、ダマスカスの政府から要請を受け、ダマスカスは2011年以来、外国の支援を受けて戦闘を続けている。

ロシア国防総省は11日、武装迫撃砲による2人の兵士が死亡し、重傷を負ったと発表した。

しかし、この声明では、攻撃の正確な場所と日付、また殺害された軍人の身元についての情報は一切提供していない。

3月6日、ロシアの国防省は、タクフィリ・ダエシュのテロ組織のメンバーが、ホムス中央部でシリア政府軍の立場を攻撃したことで、軍人の一人が死亡したと述べた。

同省は声明の中で、4日前のダマスカス首都北東約215キロメートルに位置する古代ユダヤ人パルミラ市付近で、アルトム・ゴルブノフ民兵が殺されたと述べた。

声明は、24歳は「当時、シリアのロシアの軍事顧問のグループを守っていた」と付け加えた。

戦闘モルタル攻撃は5人のシリア人を死亡させ、6人が負傷した

一方、シリアの東部デアール・アル・ザウアー市で、ダエシュ武装勢力による一連のモルタル攻撃で5人が死亡、6人が負傷した。

Jaish al-Fatah Takfiriグループからの外資系のTakfiri武装勢力は、2016年10月30日にシリアのDahiyat al-Assadの政府支配地域の西地区に向かって発砲する前にモルタル殻を準備する。

シリアの公式報道機関であるSANAは、水曜日に、武装勢力によって発砲されたモルタル砲が、この都市のハラベシュ地区とアルクスール地区を攻撃したと報じた。

シリアは、2011年3月以来、様々な外資系の過激派とテロリストのグループと戦ってきた。シリアの国連特使は、昨年8月、その時までに40万人以上が死亡したと推定した。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ブラジルの 弾... 「NATOは攻撃... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。