goo

70年間の戦争に反対するふり国連

70年間の戦争に反対する国連ふり

戦争や制裁!選択肢の国連ハンマー!

 - オバマ氏

デイビッド・スワンソン

国連の17持続可能な開発目標は、単に開発が持続可能ではないという事実を無視しないでください。彼らはそれを楽しみます。目標の一つは、エネルギー使用を広がっています。もう一つは、経済成長です。もう一つは、気候カオス(それを防止するが、それに対処しない)のための準備です。そして、どのように国連が問題に対処しますか?一般的に戦争や制裁を通じ。

この施設は、電荷に、むしろグローバル・ボディよりも、国家を維持するために、そして地球の残りの部分を支配の永続的な位置に第二次世界大戦の勝利を維持するために70年前に設立されました。国連は「守り」戦争とそれが何らかの理由で「許可」いずれかの戦争を合法化。今では「規範は、「ドローンは戦争をしたと言うが、その問題に対処することは、今検討されている17の目標の中ではありません。エンディング戦争はゴールの中ではありません。軍縮については言及されていません。昨年に通さ武器貿易条約は依然として米国、中国、ロシアを欠いているが、それは17の懸念の中ではありません "持続可能な発展"。

米国の武器で、その人を殺害することによってイエメンのサウジアラビアの「保護する責任」は問題ではありません。サウジアラビアは、子供をcrucifyingし、国連の人権理事会を率い忙しいです。一 方、米国国務長官のジョン・ケリーとトルコの外務大臣は、彼らがになる若者の完全な「ライフサイクル」アドレッシング開始することを宣言した「テロリスト を。」もちろん、彼らは米国主導の戦争に言及せずようやることテロ生産対テロ世界戦争の今老舗レコードによって領域または心に傷を負っています。

私はあなたが、あまりにも、以下に署名することができ、この手紙を、署名したのに満足しています:

To:国連事務総長潘-基文

国連憲章は、その可能性はまだ満たされていないで10月24日、1945年に批准されました。前進させるために使用され、平和の原因を妨げるために悪用されています。私たちは、戦争の惨害から後続の世代を保存するその本来の目的に再奉献を促します。

ケロッグ・ブリアン条約は、すべての戦争を禁じに対し、国連憲章ができる可能性が開か「法的な戦争を。 "ほとんどの戦争は守備や無許可であることの狭い資格を満たしていませんが、彼らはそれらを満たしているかのように、多くの戦争が販売されています資格、 そして多くの人がだまされています。70年後には、許可戦争を中止して遠くの国への攻撃は防御的ではないことを世界に明らかにすることを国連のための時間ではないでしょうか?

教義を「保護する責任」に潜んでいる危険性が対処しなければなりません。非戦争や法的な戦争のいずれかと武装無人機による殺人の受け入れを断固拒否しなければなりません。その約束を果たすため、国連は、国連憲章からこれらの言葉に自分自身を再び奉納する必要があります:「全てのメンバーが国際の平和と安全、と正義が、危うくしないように平和的手段によって、その国際紛争を解決しなければなりません。」

前進するために、国連は世界のすべての人々が同じ声を持っているように、民主化、そして裕福な、戦争志向の国の単一または少数のは、国連の決定を支配されている必要があります。私たちは、このパスを追求することを強くお勧めします。

世界を超えて戦争は、国連の民主化、そして非暴力行為にに従事する主要な活動になるだろう特定の改革を概説した。それらをここにお読みください。

INITIAL署名者:
デビッド・スワンソン
コリーンローリー
デイヴィッドHartsough
パトリック・ヒラー
アリス・スレーター
ケビンZeese
ハインリッヒBuecker
ノーマン・ソロモン
サンドラOsei Twumasi
ジェフ・コーエン
リア・ボルジャー
ロバートシェアー

フェイスブックさえずりGOOGLE_PLUSredditPinterestのLinkedInの郵便物

関連記事:

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Ansarullahは... シリアでの米... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。