goo

スポークスマン、米国大統領の反イラン批判を打ちのめす

スポークスマン、米国大統領の反イラン批判を打ちのめす

ニュースID:1464940 サービス:政治
 2017年7月15日 - 15:09
بهرامقاسمیسخنگویوخارتامورخارجه

テヘラン(タスニム) - イラン外務省スポークスマン、バラムカセミ氏は、米国の国民が過去から教訓を習得し、イランの国家に対処する際に「敬意の言葉」を使うべきだと、反テヘランの発言でドナルド・トランプ大統領を非難した。

「彼の(トランプの)顧問は過去の幻想的な雰囲気のままで、前の事実や基本的な公理に気づいていないのと同じように、イラン、地域、世界の発展にはまだまだ遅れている」(Qassemi土曜日に発表された声明で述べた。

イランのスポークスマンは、新たな米国政府に対し、イランの地域および世界の安定を促進する上で積極的で建設的な役割を見過ごさないように助言した。

さらに、米国とその地域同盟国は、政策を再考し、過去の教訓を学び、イランの国家と「尊厳と尊敬の言葉」を語るべきだと述べた。

カッセミ氏は、最近のパリ旅行の際にイラン政府に対してトランプの発言に応じてコメントを出した。

トンプット大統領は、フランスのエマニュエル・メクロン大統領との共同記者会見で、「北朝鮮、イラン、シリアなどの不正な政権と、資金を供給し、支援する政府から新たな脅威に直面している」と主張した。

 
 
 

関連ニュース

 7月14日、2017 - 18:58

イラン、米国の強硬姿勢に厳しく対応する、クレリック警告

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリアのクル... ザリフコンド... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。