goo

「シリアの利益は力を定着することにより敵が求めた政権交代計画をくじきます」

PressTvユーザー

シリアの和平交渉の新ラウンドは、ジュネーブの国連-仲介交渉昨年以来、初めて外資系過激派グループとシリア大統領アサドの代表者を結集し、カザフスタンの首都アスタナで開催されました。しかし、シリアの平和のための最新のプッシュと従来の試みの間に1つの大きな違いがあります。いいえ、ハイレベルの代表が、米国、サウジアラビア、NATO加盟国、アサドの除去を主張してきた非常に国から存在しませんでした。モスクワ、テヘランとアンカラは交渉を薬用ています。プレスTVはANSWER連合とリチャード・ベッカー、およびブレントBudowskyのコラムニストに話を聞いたヒル彼らのアスタナ会談と可能な結果をとり得るために、。 

リチャード・ベッカーは、シリアの政権交代のための彼らの計画はすべて挫折してきたので、アスタナの交渉に役割を再生する米国とその同盟国の一部に消極的であることを維持します。

彼は、最新の開発は、アサド政権が辞任するために断固と呼ばれる西とその同盟国の姿勢の変化を意味すると述べました。アレッポ市の戦いとシリア政府軍とその同盟国の勝利の結果は本当にそのようなフランス、英国、米国とその中東の同盟国としてのかつてのコロニー形成力が主導政権交代のプロジェクトを破壊している、と彼は説明しました。

「米国は、例えば、比較的低レベルの者による協議で表現されているという事実は、それはカザフスタン米国大使であり、それは、私は、観察者のより多くの言う本当に参加者ではないとサウジアラビアがありますまったく示されていない、カタールはさておきトルコ、英国、フランス、NATO諸国表現されていない、表現されていないとトルコは離れて、その政府がアサド政権が行く必要があり、その数年前から強調していたことを需要からのシフトを行ったこと、[彼らは]その[位置からシフトしている]、 "ベッカーは、プレスTVの言ったことを証明している「ディベート」。

彼はまたのための力の混在の武力紛争で見ることができ、解像度の最も困難な形態が内戦をされている解決に役立てることができます。これではない」と繰り返し、もちろん、ただ内戦が。それは内戦であり、政権交代をもたらすために発足した国際的な戦争。」


画像のグラブは2017年1月23日にプレスTVの「討論」ショーで、ANSWER連合とリチャード・ベッカー(L)、およびブレントBudowsky、丘のコラムニストを示しています。

一方、ブレントBudowsky、ショーの他のパネリストは、アスタナの会談で、低レベルの外交官の存在は、必ずしも米国の新政権がシリアまたはそれが単離されていることの部分を再生するために熱心ではないことを意味するものではないと主張しました。むしろ、彼は主張し、それが新大統領と特にシリアに関しては、統合された統一外交政策に到達するまでの状態の秘書のための彼の名義人としてのドナルド・トランプのためのより多くの時間がかかります。 

"私はそれは完全に罰金だと思います。これは大統領としてだけ彼[トランプ]三日目です。状態ノミニーレックス・ティラーソンの彼の秘書は、おそらく上院で今夜を確認します。そこで、彼らは一緒に行動する必要があります...、互いに内部大統領と彼のキャビネットとセキュリティ顧問を議論するために、彼らがやろうとしているもの。私は誰を送信しないための大統領トランプを非難しないでください。それは完全に理解され、「Budowskyは言いました。

「次のステップは、非常に重要です。私たちは、大統領トランプが何をしたいのかが表示されます。私たちは、もしあれば、ロシア、プーチン大統領と彼の関係は交渉を変更どの程度、表示されます。彼らは一緒に働くことはできますか?すなわち、見られることを残ります。しかし、うまくいけば、彼らは[シリア]行く停戦を維持する方法を見つけるだろう "と彼は締めくくりました。

 
 
 
 
コメント(2
 
 
アーメド... 16時間前
THESE KILLERS殺人;;;;;全世界におけるテロリストのための場所は、S ;;;;;;;政治のあらゆる地面に歓迎されることはありません 
ご注意下さい;;;;;;;; 
【ISISはisrealを-PROOF YOUTUBE IS]
 
バーナード18時間前
それは参加する彼らの不本意ではありませんでした、彼らは単に招待されませんでした。米国の寄与は、それぞれの要件に合わせて政権交代を扇動するために、中東諸国を破壊し、侵入してきました。
これは、いくつかの国でhapendました。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア軍、同... 米共和党はイ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。