goo

シリアの難民はレバノンのキャンプを残しシリアに帰国

シリアの難民はレバノンのキャンプを残しシリアに帰国

 

  (AhlulBayt News Agency) - 約300人の難民がレバノンのArsal難民キャンプを離れ、シリアのAssal al-Wardの町に出発した。

難民移転の第1段階は、約150人のシリア人が帰国した6月に行われた。第2段階では、およそ500家族が難民キャンプを離れます。

「難民移転の第2段階は、アルサールの山岳地帯からシリアのアサル・アルワッドに移っており、すでに300人のシリア人がそこを出発している。

シリア軍がレバノン周辺とダマスカス郊外の村を支配した後、難民は帰国する機会を得た。

Arsalは山岳地域にあり、テロリストはレバノンとシリアの国境を通って武器や輸送武器をより簡単に密輸するために利用しています。また、テロリストは難民を収容所から奪い取ってシリア軍と戦う。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 核攻撃の英国... Sayyed Nasral... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。