goo

プーチン大統領は、シリアでロシア航空グループの展開を承認

プーチン大統領は、シリアでロシア航空グループの展開を承認

 

(/・ω・)/万歳プーチンロシア

 

  

ロシアのプーチン大統領は、早ければ両国の間で締結されたロシア戦闘航空団のシリアへの展開に関する議定書を支持した。

プーチン大統領は、クレムリンの声明に基づき、「ロシア連邦とシリア・アラブ共和国の間の協定に関する議定書は、シリア・アラブ共和国の領土にロシア軍の航空グループを配備したダマスカスで2017年1月18日に

発足した。ドマ議会のウラジミールシャマノフ国防委員長は、この議定書の批准が地域全体の安定達成に貢献すると述べた。

先週、ロシア連邦連合理事会(上院議員)は、シリアでのロシア軍軍航空グループの展開に関する議定書を批准した。

連邦評議会は、下院、国家Dumaが批准した後の議定書を支持した。

議定書は、ダマスカスで2017年1月18日に署名され、シリアにおけるロシア航空グループの存在条件を規制し、軍事協力を強化し、発展させるという相互欲求から出発して、ロシアとシリアの防衛力を高める国際的な法的枠組みを確立することを目指している」と述べた。

議定書では、特に、エアグループを展開することを想定しており、シメリアは無料で使用するためにロシアに移転する予定であり、Hmeymim飛行場の土地のプロットとそこにあるすべての移動可能で不動の資産です。

さらに、議定書の規定は、航空グループが位置する地域におけるロシアの管轄と、その人員、軍人の家族および民間人事に関する事項を規制している。それは免責と特権を述べ、民事、刑事事件及び行政事件における管轄裁判所と法的援助の提供に関する手続。

議定書では、合意は49年間有効であり、その後の25年間自動的に延長される予定である。

シリア政府の要請により、2015年9月30日以降、ロシアはシリアのISISやその他のテロリストに対して成功裡に空爆を行っている。米国とその同盟国は、2014年9月以来、ISISの立場に反してシリアで空爆を実施している。

シリア政府は、米国の空爆は通常、国のインフラストラクチャをターゲットにしており、テロリストの進歩を止めるためにほとんど行っていないと述べている。議定書では、合意は49年間有効であり、その後の25年間自動的に延長される予定である。シリア政府の要請により、2015年9月30日以降、ロシアはシリアのISISやその他のテロリストに対して成功裡に空爆を行っている。米国とその同盟国は、2014年9月以来、ISISの立場に反してシリアで空爆を実施している。シリア政府は、米国の空爆は通常、国のインフラストラクチャをターゲットにしており、テロリストの進歩を止めるためにほとんど行っていないと述べている。議定書では、合意は49年間有効であり、その後の25年間自動的に延長される予定である。シリア政府の要請により、2015年9月30日以降、ロシアはシリアのISISやその他のテロリストに対して成功裡に空爆を行っている。米国とその同盟国は、2014年9月以来、ISISの立場に反してシリアで空爆を実施している。シリア政府は、米国の空爆は通常、国のインフラストラクチャをターゲットにしており、テロリストの進歩を止めるためにほとんど行っていないと述べている。ロシアは、シリア政府の要請により、シリアのISISやその他のテロリストに対して成功裡に空爆を行っている。米国とその同盟国は、2014年9月以来、ISISの立場に反してシリアで空爆を実施している。 シリア政府は、米国の空爆は通常、国のインフラストラクチャをターゲットにしており、テロリストの進歩を止めるためにほとんど行っていないと述べている。ロシアは、シリア政府の要請により、シリアのISISやその他のテロリストに対して成功裡に空爆を行っている。米国とその同盟国は、2014年9月以来、ISISの立場に反してシリアで空爆を実施している。 シリア政府は、米国の空爆は通常、国のインフラストラクチャをターゲットにしており、テロリストの進歩を止めるためにほとんど行っていないと述べている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ヒズボラ、シ... ヒズボラの支... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。